故障者/清水=石毛、六反、伊藤、鄭 札幌=駒井
出場停止/清水=なし 札幌=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ23節
清水エスパルス − 北海道コンサドーレ札幌
8月17日(土)/18:00/IAIスタジアム日本平
 
清水エスパルス
今季成績(22節終了時):12位 勝点28 8勝4分10敗 28得点・42失点
 
【最新チーム事情】
●21節の横浜戦、22節の松本戦はともに1−0で勝利。
●14日の天皇杯でも1−0で福岡に勝利。
●郄橋が北九州へ育成型期限付き移籍。

【担当記者の視点】
 前節の松本戦は1−0で勝利。CKのこぼれ球からドウグラスのオーバーヘッド気味のシュートが決まり、先制。守備でもチャンスらしいチャンスを与えず、前々節の横浜戦(1−0)と14日に行なわれた天皇杯の福岡戦(1−0)と合わせて、3試合連続で完封勝利中だ。
 
 札幌はチャナティップや鈴木ら個の能力が強烈な攻撃陣を擁するだけに、組織はもちろん、1対1で負けないようにしたい。夏の新加入ながらディフェンスリーダーになりつつある吉本の奮起が不可欠だろう。
 
 また、ここ3試合は無失点だが、いずれも1ゴールとやや心許ない。移籍した北川の代わりにトップ下に入っている河井には、攻撃にアクセントをつける役割が求められる。前回対戦の3節では大敗(2−5)しており、“借り”がある。リベンジを狙う。
J1リーグ23節
清水エスパルス − 北海道コンサドーレ札幌
8月17日(土)/18:00/IAIスタジアム日本平
 
北海道コンサドーレ札幌
今季成績(22節終了時):7位 勝点32 9勝5分8敗 31得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●決定力不足で勝ちきれない試合が続く。
●ふた桁順位のチームとも差がつまってきている。
●A・ロペスの出場可否は流動的。

【担当記者の視点】
 チャンスを作れてはいるものの決めきれず、という試合が続いている。いわゆる決定力不足であり、短時間で解決するには選手を代えるしかないが、前線の選手のパフォーマンスは悪くなく、そうした状況ではない。我慢強く継続していく必要があるだろう。とはいえ、そうして勝ちを逃しているうちにふた桁順位のチームとの勝点差も詰まり、苦しい状況になりつつある。
 
 清水との前回対戦で4得点を挙げたA・ロペスは前節に負傷欠場しており、今節の出場可否は流動的だ。