故障者/湘南=大橋、澤田 鳥栖=なし
出場停止/湘南=なし 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ23節
湘南ベルマーレ − サガン鳥栖
8月17日(土)/19:00/BMWスタジアム
 
湘南ベルマーレ
今季成績(22節終了時):11位 勝点29  9勝2分11敗 31得点・36失点
 
【最新チーム事情】
●後半戦4勝1敗、全5試合で複数得点を記録。
●武富が浦和へ復帰。
●一連の報道を受け、者監督が指導・指揮を控える。

【担当記者の視点】 
 後半戦に入り、4勝1敗と白星が先行している。3−2の逆転勝利を収めた前節の磐田戦然り、全5試合で複数得点を記録している点も見逃せない。

 前線に始まる守備はもとより、ボールを奪ってからフィニッシュに至るまでの一連に手応えが感じられる。コンパクトフィールドを土台に連動性は増し、かつ多彩だ。

 すでに報じられている通り、者貴裁監督は現在指導を控えており、試合は高橋健二コーチが指揮を執るとみられる。今節迎える鳥栖は16位に位置しており、タフな攻防が予想される。これまで培ってきた姿勢を変わらず注ぎ、一枚岩の戦いでこの難局を突破したい。
J1リーグ23節
湘南ベルマーレ − サガン鳥栖
8月17日(土)/19:00/BMWスタジアム
 
サガン鳥栖
今季成績(22節終了時):16位 勝点21  6勝3分13敗 17得点・32失点
 
【最新チーム事情】
●攻撃陣に続き守備陣も緊急補強。
●前節の勝利を生かして上位を狙う。
●天皇杯で勢いを加速。
 
【担当記者の視点】
 攻撃陣を補強し上位浮上の手を打った鳥栖は、ここにきて守備陣の緊急補強も行なった。経験と実績、そして鳥栖でのプレー経験もあるDF金井貢史を、名古屋から期限付きで移籍加入させた。攻撃的なSBの金井は守備的ポジションならばどこでもこなす器用さを持つ。
 
 前節に自動降格圏を脱出した鳥栖に必要なラストピースとなれるか。前節の終了間際の劇的な勝利に続き、天皇杯でもフェルナンド・トーレスの決勝弾でベスト16へとコマを進めた。
 
 的確な補強で、巻き返しの要素は整った。あとはこの勢いに乗るだけだ。