『BONES』のあの人、『FBI』シーズン2で再び捜査官に!

写真拡大

2018年9月より米CBSで放送中の犯罪捜査ドラマ『FBI(原題)』シーズン2に、12シーズン続いた大ヒット犯罪捜査ドラマ『BONES』のキャストが出演し、再びFBI捜査官を演じることが分かった。米TV Lineが報じている。

『LAW & ORDER』『シカゴ・ファイア』シリーズといったフランチャイズ作品を生み出してきたヒットメイカーのディック・ウルフによる『FBI』は、FBIのニューヨーク支局を舞台に、テロや組織犯罪と日夜闘う捜査チームの活躍を描く。この度、そのシーズン2に出演することになったのは、『BONES』でシーズン10から3シーズンにわたりFBIのジェームズ・オーブリー捜査官を演じたジョン・ボイド。

ジョンが今回演じるのは、ハンサムで賢いけれども、ぶしつけなスチュワート・スコラ捜査官役。このキャラクターは、ジェレミー・シスト(『シックス・フィート・アンダー』)扮するジュバル・ヴァレンティン捜査官と知り合いという役柄で、3話にわたり登場するという。レギュラーに昇格する可能性もあるようだ。

『FBI』を製作するWolf Entertainmentが、主人公マギー・ベル捜査官を演じるミッシー・ペリグリム(『ルーキーブルー 〜新米警官 奮闘記〜』)をはじめとするキャストと一緒に写ったジョンの画像をTwitterにアップ。その投稿には、「スコラ捜査官、『FBI』のファミリーへようこそ。ジョン・ボイドが新シーズンの第1話で『FBI』チームに加わるまで、わずか7週間です」とのコメントが添えられ、ジョンの出演を報告している。


また、番組公式Twitterはシーズン2の場面写真の一部を解禁しており、その中にジョンの姿を見ることができる。


ミッシーとジェレミーの他には、マギーの相棒である捜査官のオマール(『SIX アメリカ海軍特殊部隊』のジーコ・ザキ)、分析官のクリスティン(『Wrecked(原題)』のエボニー・ノエル)らがレギュラーを務めている。

『FBI』は、シーズン1の放送開始から3週間足らずでフルシーズンの製作が決定し、翌2019年1月にシーズン2へ更新。さらにスピンオフ『FBI: Most Wanted(原題)』が本国アメリカで2020年から放送される予定だ。

ジョンは2017年の『BONES』終了後、ブライアン・セルズニック(『ヒューゴの不思議な発明』)のベストセラー小説を映画化した『ワンダーストラック』と、日本で9月27日(金)に公開されるジェニファー・ガーナー(『エイリアス』)主演のアクション映画『ライリー・ノース 復讐の女神』に出演している。

ジョンがゲスト出演する『FBI』シーズン2は、米CBSにて9月24日(火)より放送。(海外ドラマNAVI)

Photo:

『BONES』
(c)2015-2016 Fox and its related entities. All rights reserved.