故障者/横浜=高野、E・ジュニオ C大阪=都倉、藤本、高木
出場停止/横浜=扇原 C大阪=デサバト

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ23節
横浜F・マリノス―セレッソ大阪
8月17日(土)/19:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(22節終了時):4位 勝点39 12勝3分7敗 36得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●前節・鹿島戦で二度の警告を受けて退場した扇原は出場停止。
●今夏加入したエリキとマテウスはこの試合から出場可能になる。
●横浜FCとの天皇杯3回戦で正GKの朴が負傷。今節は欠場の予想。
 
【担当記者の視点】
 優勝戦線に生き残るためには、絶対に負けられない一戦と言っていいだろう。前節の鹿島戦は1-2で敗れ、今季初の連敗。悪い流れを断ち切る意味でも、勝点3はマストだ。
 
 注目はエリキ、マテウス、渡辺の3人。今夏に補強した新戦力たちがどこまで活躍できるか。M・ジュニオールを含めた前線の“ブラジルトリオ”の連係も楽しみだ。
 
 懸念はGK。負傷中の正GK朴に代わって抜擢される杉本の奮起に期待したい。

【必見の名場面】J1第22節のベストショットギャラリー!!
J1リーグ23節
横浜F・マリノス―セレッソ大阪
8月17日(土)/19:00/日産スタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(22節終了時):8位 勝点31 9勝4分9敗 21得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●リーグ戦からメンバーを大幅に入れ替えた14日の天皇杯(3回戦)の山口戦は3-0で快勝。
●山口戦を含め、過酷な中2日でのアウェー2連戦。15日の練習は急きょオフに変更。
●デサバトが累積警告により出場停止。
●琉球から鈴木が完全移籍で加入。いきなりメンバー入りする可能性が浮上。
 
【担当記者の視点】
 前節の鳥栖戦では試合終了間際に2失点し、まさかの逆転負けでリーグ2連敗を喫した。嫌な流れが生まれていたが、14日の天皇杯(3回戦)の山口戦では3-0と快勝。普段は出場機会が少ないメンバーが結果を残し、チームに良い刺激を与えた。
 
 山口戦から中2日で迎える横浜戦。アウェー2連戦ということもありコンディションが心配されるなか、ロティーナ監督は15日の練習を急きょオフに変更。また、琉球から新たに加入したFWの鈴木は、さっそく横浜戦でメンバー入りする可能性が浮上した。