この週末は、台風10号が運んできた熱波に日本列島は覆われそうだ。あす17日(2019年8月)は、甲府、熊谷、前橋、宇都宮で最高気温37〜38度、東京も36度が予想されている。18日は名古屋、京都、大阪で37〜38度となりそうだ。

霧吹きや濡れタオルと併用

この猛暑で、売れ行き好調なのが携帯扇風機だが、司会の羽鳥慎一は「暑さ考えたら、日傘にこれは最高だと思う」とすすめる。女性を中心にこれまで80万台が売れているという。

ただ、気温が35度以上になると、熱風が送られてくるだけで、熱中症予防にはならない。効果的なのは、顔などに水を霧吹きかけたり、濡らしたタオルで拭いたりしてから当てると涼しくなる。

携帯扇風機で風を受けながら吉永みち子(作家)「日傘差してこれ持っていると、両手がふさがって危ないんじゃない」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「日傘の柄の部分から(風が)出てくるといいね」

霧吹き付き携帯扇風機が登場しそうだ。