洗礼式の記念写真、この頃よりアーチーくんはますますパパ似に?(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年7月6日付Instagram「This morning, The Duke and Duchess of Sussex’s son, Archie Harrison Mountbatten-Windsor was christened in the Private Chapel at Windsor Castle at an intimate service officiated by the Archbishop of Canterbury, Justin Welby.」』のスクリーンショット)

写真拡大

生後3か月を迎えたヘンリー王子・メーガン妃夫妻の第1子アーチーくんは、どうやらやはりパパ似のようだ。このほど関係者が『PEOPLE.com』に対し「赤毛でとても可愛い赤ちゃん」であることを証言した。

2019年5月6日にヘンリー王子・メーガン妃夫妻のもとに誕生した第1子「アーチー・ハリソン・マウントバッテン-ウィンザー(Archie Harrison Mountbatten-Windsor)」くん。

ウィリアム王子夫妻の子供達とは異なりアーチーくんは“殿下”の敬称を持たず、また王位継承権も低いことからヘンリー王子とメーガン妃は愛息を“私人”と考えており、彼のプライバシー死守を最優先事項に掲げている。そのためアーチーくんが公の場に姿を見せる機会は少なく、現在生後3か月を迎えた彼の顔がどのように変化しているのかはヴェールに包まれたままだ。

そんななか関係者が『PEOPLE.com』に対し、最近のアーチーくんについてこのように明かした。

「アーチーくんはいつもご機嫌のハッピーベビーですよ。」
「プクプクとした足がとても愛くるしく、ちょこっと赤毛が生えているんです。本当に可愛らしい赤ちゃんです。」

先月にウィンザー城のプライベートチャペルにて執り行われた洗礼式の写真でも、

「ヘンリー王子にそっくり!」
「アーチーもパパと同じジンジャー(イギリスで赤毛の人を指す言葉)なんだね!」

などアーチーくんがパパ似だという意見が多数寄せられたが、どうやらますますヘンリー王子に似てきたようである。

ヘンリー王子・メーガン妃は来月中旬頃よりアーチーくん同伴でアフリカへの公式訪問が予定されているため、その際に夫妻がアーチーくんを世界にお披露目する機会もあるのではないか―と淡い期待を寄せる人も多い。アフリカ訪問時には生後4か月を過ぎるアーチーくん、次第に表情も豊かになり可愛さも増す頃だけにロイヤルファンはヘンリー王子、メーガン妃、アーチーくんの新たなスリーショットを待ち望んでいることだろう。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年7月6日付Instagram「This morning, The Duke and Duchess of Sussex’s son, Archie Harrison Mountbatten-Windsor was christened in the Private Chapel at Windsor Castle at an intimate service officiated by the Archbishop of Canterbury, Justin Welby.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)