ダサすぎる…!垢抜けない女子のやりがちNGファッションって?

写真拡大

オシャレになりたいのに、なぜか垢抜けない……。
もしかしたら、やりがちNGファッションをしてしまっているかもしれません。
垢抜けない女子を卒業するための、NGファッションをご説明します。

(1)メリハリがないシルエット


コーディネートを組むときに、気をつけなければいけないのが、シルエットです。
綺麗なシルエットが作ることができれば、スタイルアップにもなります。

シルエットの確認は、必ず全身鏡で客観的に見るようにしましょう。
気をつけるべきポイントは、メリハリをつくることです。

ゆるっとしたシルエットや、ダボっとしたアイテムは流行っています。
しかし、トップスもボトムスもゆるくダボついていると、太って見える原因です。

トップスかボトムスのどちらかは、スマートな形のデザインを選びましょう。

(2)使うカラーが多すぎる


ゴチャゴチャとした、垢抜けない印象になってしまうのは、カラー使いが関わっています。
コーデに取り入れるカラーが、4色以上になってしまうのはNG。
トータルバランスを見て、3色までに抑えることが、オシャレのポイントです。

とくに、どこかに柄物を使う場合は、ほかのアイテムは無地にしたり。
できるだけ色味をまとめることで、それぞれのアイテムもケンカしませんよ。
赤や紫など、派手なカラーを取り入れるときは、全体のバランスをよくみましょうね。

(3)サイズが合っていない


自分の体型を理解せず、合わないサイズの服を選ぶと、「服に着られている感」が出ます。
服をカッコよく着こなすためには、体に合ったサイズを選ぶことが大切です。

買う前に、必ず試着をしてみて、丈感などをしっかり確認してください。
2〜3cm丈が違うだけでも、印象はかなり変わってきます。

肩周りやお腹周りの、ゆったり感や締めつけ感も、重要なポイントです。
無理に小さなサイズを選んでも、大きすぎても垢抜けないファッションになってしまいます。

(4)年齢に合っていないファッション


10代、20代、30代…と年齢とともに相応なファッションは変化していきます。
10代の人が無理に大人びたファッションをしても、どこか違和感があります。
逆に、30代の人が子どもっぽい服を着るのも、避けたほうがいいでしょう。

年相応の服を身につけることが、本来の美しさを引き出すのです。
年齢を重ねたからといって、高級な服に身を包む必要はありません。

TPOも考慮しつつ、自分が1番美しく見えるファッションを探してみましょう。

いかがでしたか?
垢抜けない女子がやってしまいがちな、NGファッションをご紹介しました。

どれか当てはまるものがあれば、今日から改善して、オシャレ女子を目指しましょう!

(liBae編集部)