映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』主演の役所広司

写真拡大

 俳優の役所広司が主演を務める日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の公開日が11月15日に決定。併せて日本版予告が解禁された。極寒地帯で極限のアクションシーンを繰り広げる役所の姿や、GLAYの書き下ろしによる日本語吹替版主題歌「氷の翼」が初披露されている。

【写真】映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』日本語吹き替え版キャストの沢城みゆき、宮野真守

 本作は、標高8848m、氷点下83度という過酷な条件下の世界最高峰エベレストを舞台にしたスペクタクル・エンターテインメント作品。世界的作品を多く手掛けるテレンス・チャンがプロデュース。役所が“ヒマラヤの鬼”と呼ばれるヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」隊長ジャンを演じるほか、「Wings」隊のメンバーとして、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などハリウッド超大作への出演も続くチャン・ジンチューや、台湾人俳優リン・ボーホンら、国際色豊かなキャストが顔をそろえる。

 予告編では、エベレストに墜落した飛行機に残された<重要機密文書>の捜索を依頼された「チーム・ウィングス」の隊長ジャン(役所)が、隊員たちと共に墜落現場“デスゾーン”(危険地帯)へと向かい、なだれに巻き込まれるなどの危難を乗り越えながら過酷なミッションに挑む姿が映し出される。役所は雪と氷の中での激しい格闘シーンなど、これまでのイメージを覆すようなアクションを披露しており、壮大なスケール感のあるヒマラヤの風景と共に見応えある映像となっている。

 日本語吹替版キャストには、主演の役所が自身の吹き替えを務めるほか、声優の沢城みゆき、宮野真守らの出演も決定。沢城はエベレストで遭難した恋人を探し出すために「チーム・ウィングス」に新たに加わるシャオタイズ(チャン・ジンチュー)、宮野は「チーム・ウィングス」のメンバーで、若く情熱を持ったヘリパイロット・ハン(リン・ボーホン)の声をそれぞれ担当する。

 映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月15日より全国公開。