深見宏斗役の桜田通

写真拡大

福原遥と桜田通が共演するドラマ特区『コーヒー&バニラ』(MBS、毎週木曜24:59〜)の8杯目(第8話)が、8月22日に放送される。第8話「ホスト&マザー」には、桜田演じる深見宏斗の母親・北嶋茜役で実力派女優の床嶋佳子が出演。茜が、主人公の白城リサ(福原)と深見の前に現れたことをきっかけに、これまで語られなかった深見の過去が明かされていく。

本作は、2015年に小学館『Cheese!』に連載が掲載され、シリーズ累計450万部を突破した朱神宝の同名コミックを原作に、超ウブな女子大生・リサとパーフェクトイケメン社長・深見の恋愛模様を描く“極甘溺愛”なラブストーリー。

田舎から上京し、大学デビューを果たした恋愛初心者のリサは、若手実業家の深見とひょんな事から付き合い始める。高嶺の花というイメージから、学校では男慣れしていると思われているリサだが、中身はとても純朴で一途。深見からの溺れるほどの愛に戸惑いながらも、彼に釣り合う女性になろうとひた向きに努力する。

2人の織りなす甘すぎる恋愛は、女性視聴者を中心に大反響を巻き起こし、放送開始早々、第1話がTVer再生数ランキングで3日連続1位を獲得。第2話と第4話も、1週間の見逃し配信で100万再生を突破し、「#コヒバニ」がTwitterトレンド入りを果たすなど、大きな盛り上がりを見せている。

また、福原や桜田はもちろん、その他のキャスト陣も話題に。深見のライバル企業の社長・阿久津孝晃役に黒羽麻璃央、リサの大学の同級生・吉木翼役に小越勇輝、青年秘書の雪役に濱正悟など、今最も勢いのある若手俳優陣が顔を揃えている。

そして、クライマックス間近となる第8話には、ドラマだけではなく、映画や舞台などで幅広く活躍する女優の床嶋が出演。床嶋が演じる茜は、深見の母親であり、深見がリサ以外の女性に対して冷酷になってしまう“ある原因”を作った張本人。茜の登場によって、物語は一気に加速し、リサと深見の関係は思わぬ方向へと舵を切ることになっていく。

床嶋の強烈な“母親ぶり”はもちろん、これまでとは一味違う、大人の苦味が加わった物語にも注目したい。

<8杯目あらすじ>
玄関先で倒れてしまった深見(桜田)。深見の異変に気づけなかったリサ(福原)は、同棲相手失格だと落ち込んでしまう。そこに突然、2人の婚約を聞きつけた深見の母・茜(床嶋)が登場。リサは、茜に誘われるがまま、なぜか茜の経営するホストクラブに行くことに。リサを取り戻すために現れた深見は、茜と「もう会わない」という約束で、1日だけホストとして茜のホストクラブで働くことになる。