画像:公益財団法人全日本柔道連盟

公益財団法人全日本柔道連盟は8月16日(金)、PARK24 GROUP presents 2019世界柔道選手権東京大会(2019世界柔道、8/25〜9/1)の開催を記念し、JR山手線の1編成11両の車内を総勢2,000名以上の柔道家でジャックした『黒帯の一本道でつなぐ!2019世界柔道トレイン』を運行すると発表しました。期間は本日8月16日(金)から8月31日(土)まで。

全日本柔道連盟は2019世界柔道のプロモーションの一環として、2019年2月より世界中の柔道家から柔道衣を着用した立ち姿の写真を公募。その写真を一本につなげることで世界一長いポスターを制作してギネス世界記録に挑戦する『JUDO IPPON PROJECT』を展開しています。

今回は2019年の開催にちなみ、応募写真の中から2,019枚を選定。柔道の父として知られる嘉納治五郎や1964年東京オリンピック無差別級の覇者アントン・ヘーシンク等のレジェンド、 2019世界柔道の柔道日本代表全23選手、そして世界中から集まった柔道家が大集結する交通広告に仕上がったとのことです。

(鉄道チャンネル編集部)