8月13日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ系)に、お笑い芸人の陣内智則が出演し、意外な人物に助けられたエピソードを語った。

 番組では、以前出演した平成ノブシコブシ・吉村崇が、叶美香を口説いたエピソードを語ったことが話題に。吉村は同番組で、姉の恭子から「あなたみたいな小魚が、クジラみたいなうちの妹を狙うのも面白い話よね」とツッコまれた話を披露した。

 すると陣内は「俺は叶姉妹さんは、すごくいいイメージよ」と語りだす。陣内は、昔ある番組でカキにあたってしまったことがある。「それこそ紳助さんの番組で、カキにあたって。あたったときが収録中だったのよ。本番中に、もうウワーッて吐きかけて。しかもその番組が、地方の食べ物を食べていくっていう。絶対、美味しい顔をせなあかんやんか」と振り返る。

 そうこうしているうち、食事の場面が来る。陣内は目の前の料理を食べた瞬間に吐きかけたのだが、そこで恭子に助けられたという。

「そのときにお姉さまの方が、すっとカメラを隠してくれたのよ。体をかばってくれて、そのまま俺は退出してんけど、お姉さまがついてきてくれて、ずっと看病してくれたのよ。『大丈夫ですか、陣内さん』みたいな。それだから、俺はずーっといいイメージ。器でかい、あの人は」と絶賛していた。

 そんな叶恭子が、自身の著書『叶恭子の知のジュエリー12ヶ月』の中で語っていることがある。

《自分を大切にするためには、他人の存在を尊重することが必要条件なのです。他人とちゃんとした関係を結ぶためには、また、自分を大切に扱えていることが前提条件なのです》

 自由気ままな生きざまが話題になる叶姉妹だが、その根底には、他人への思いやりの姿勢が隠れていたのだ。