「市川雷蔵祭」の“お楽しみ企画”の内容が明らかに!/[c]KADOKAWA

写真拡大

「眠狂四郎」シリーズや「陸軍中野学校」シリーズなど、日本映画黄金時代を支えた数多くの傑作に出演し、わずか15年間の映画俳優人生で約160本の作品に出演。1969年に37歳の若さでこの世を去った市川雷蔵。彼の代表作を一挙に上映する<没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」が8月23日(金)より開催される。

【写真を見る】伝説の名優・市川雷蔵が撮影の合間に見せた貴重な笑顔!蔵出しオフショット写真が到着/[c]KADOKAWA1961

本企画は2014年に実施され、世代を問わず多くの映画ファンが足を運んだ「雷蔵祭 初恋」以来5年ぶりとなる大規模な特集上映。4Kデジタル修復版で初お披露目となる『薄桜記』(59)をはじめとした代表作から、なかなか観る機会のない作品まで計40作品が上映される。そのなかでも注目は、今回の特集上映に合わせたかのように新たに発掘された『旅はお色気』(61)だ。

当時の大映を牽引したもう1人のスター、勝新太郎とともに雷蔵がノンクレジットでカメオ出演を果たした同作は、小国英雄の脚本による明朗で痛快な時代劇。叔父から江戸の大目付、柳生大和守への手紙を託され旅に出ることとなった豊岡藩の若侍、新之助。剣達者だが呑気な性格の彼は、旅の道中で易者から「女難の相」があると告げられてしまう…。

このたび同作からオフショット写真が到着。主演を務めた小林勝彦とメガホンをとった黒田義之監督、そして雷蔵の3名が撮影の合間に談笑を交わす貴重な姿が写しだされている。小林は数多くの時代劇作品に出演し、「スター・ウォーズ」シリーズをはじめとした洋画吹替えなどでも活躍。また新人だった黒田監督は後に「大魔神」シリーズの特技監督を務めている。

そして、この『旅はお色気』の上映とともに実施される“お楽しみ企画”として、雷蔵の自宅の物置から発見されたプライベート・フィルムが上映されることが決定。50年以上前に撮影されたこのフィルムには、子どもと遊んでいる姿や後援会の人たちと話している音声など、スクリーンで見せる表情とは異なる雷蔵の姿が満載。デジタル化が済んだ一部のフィルムを遺族の厚意により提供いただいた、特別編集版として上映される。是非ともこの機会に、稀代の名優・市川雷蔵の貴重な素顔を目に焼きつけてほしい!

<没後50年特別企画>「市川雷蔵祭」は8月23日(金)から角川シネマ有楽町ほか、大阪シネ・ヌーヴォ、広島八丁座、大分シネマ5などで全国順次上映される。(Movie Walker・文/久保田 和馬)