『NCIS:LA』シーズン11であのキャラクターの登場回数が激減!

写真拡大

米CBSの大人気犯罪捜査ドラマ『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』で、放送開始当初から姿を見せているあのキャストがシーズン11では、出演エピソードが激減することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

出演エピソードが激減するのは、NCIS(海軍犯罪捜査局)のロサンゼルス支局で司令室から情報収集などの任務を受け、チームの現場捜査をサポートするITオペレーターのエリック・ビールを演じるバーレット・フォア。本家となる人気ドラマ『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』シーズン6で放送されたバックドア・パイロットエピソードから姿を見せ、シーズン1〜10までオリジナルキャストとしてレギュラー出演している。

だがシーズン11では、バーレットが他の作品に出演できるよう、エリックが登場するのは前半の6エピソードのうち1エピソードのみになるという。バーレットは、今年の秋にミズーリ州セントルイスのレパートリー・シアターで上演される舞台「Angels in America」に登板するため、しばらくシリーズを休むとのこと。CBSの広報担当者によると、エリックがどこで何をしているのか物語に盛り込まれるという。

バーレットは、本作の他にハリウッドの裏側を描くコメディドラマ『アントラージュ★オレたちのハリウッド』や、犯罪捜査ドラマ『クローザー』、『ウィル&グレイス』などにもゲスト出演している。

バーレットの姿が見れなくなるのは残念だが、彼の活躍に期待したい。『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』シーズン11は、CBSにて9月29日(日)より放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
(c) 2018 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.