超豪華俳優陣が集結!中島みゆきの名曲を映画化した『糸』が2020年4月に公開/[c]2020映画『糸』製作委員会

写真拡大

長きにわたって愛されて続けてきた、中島みゆきの珠玉の名曲「糸」。この曲に着想を得て、北海道、東京、沖縄、シンガポールを舞台に描かれる映画『糸』の公開が、2020年4月24日(金)に決定。このたび13名の新たなキャスト情報が解禁となった。

13歳、初恋。2人は遠く引き離された。21歳、再会。過ぎた時間は取り戻せなかった。31歳、現在。もし、もう一度だけあなたとめぐり逢えたとしたら…。北海道で生まれ育ち、チーズ工場で働く高橋漣(菅田将暉)と、中学生の時に離れ離れとなってしまった園田葵(小松菜奈)。平成の初めに生まれた2人が、平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く、壮大な愛の物語。

主人公の男女は、『そこのみにて光輝く』(14)や『帝一の國』(17)、現在公開中の『アルキメデスの大戦』(19)と幅広い役柄を演じ、若手のトップを走る演技派俳優の菅田と、『渇き。』(14)で鮮烈なデビューを飾り、『恋は雨上がりのように』(18)、『来る』(18)など話題作に出演し続ける小松が演じる。

スタッフも強力な布陣が実現した。監督は、『64-ロクヨン- 前編/後編』(16)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)など、骨太な社会派ドラマから感動の恋愛物語まで、卓越した演出力を発揮する人間ドラマの名手、瀬々敬久。原案、企画プロデュースは、『黄泉がえり』(02)、『余命1ヶ月の花嫁』(09)などの感動作を手掛けてきた平野隆、脚本は『永遠の0』(13)の林民夫が務める。

さらに、本作で主演2人を取り巻く13人の新キャスト情報が解禁となった。漣が働くチーズ工房の先輩で、後に恋愛関係となる桐野香に、瀬々監督と3度目のタッグとなる榮倉奈々。葵と恋愛関係になる水島大介には、『シン・ウルトラマン』(21年公開予定)など話題作への出演が控える斎藤工が決定した。

榮倉は、「カテゴリは恋愛映画でありながら、人生の複雑さが描かれているこの作品で、糸の歌詞を改めて考えさせられると思います」と本作が単純な恋愛物語ではないことを示唆し、斎藤も「“糸”と言う名曲を、瀬々敬久監督が菅田将暉さん、小松菜奈さんと映画にするのならば、名作になる要素しかない」と期待を高めるコメント。

そのほかに、『友罪』(18)から2度目の瀬々監督作品となる山本美月や、瀬々組初参加となる倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、さらに高杉真宙、馬場ふみか、永島敏行、竹原ピストル、松重豊、田中美佐子、山口紗弥加という主役級といって過言ない俳優たちが出演する。

原案、企画プロデュースの平野はキャスト陣について、「主演の菅田将暉さん、小松菜奈さんを含む15名全員が主演経験者という極めて珍しいこととなりました」と本作のキャスティングの豪華さを認めつつ、それぞれの俳優が紡ぐ物語の“糸”は、全て菅田演じる漣と、小松演じる葵に結びついていくという。

洗練された壮大なストーリーと、日本を代表する俳優陣が織りなす本作は、一体どのような結末を迎えるのか? 続報を待ちつつも、いまから来年の公開が待ちきれない!

<キャスト・スタッフ コメント>

●榮倉奈々(桐野香役)

「幅広い年代の人々に、長い間愛されている、中島みゆきさんの『糸』。カテゴリは恋愛映画でありながら、人生の複雑さが描かれているこの作品で、『糸』の歌詞を改めて考えさせられると思います。キャストの皆さんは、はじめまして、という挨拶からスタートする方々ばかりで緊張していますが、その緊張が解けるのが今から楽しみです。監督をはじめ、長年お世話になっているスタッフの皆様とは、再度お仕事ができる事で、めぐり逢いの幸せを感じさせていただいています。北海道の四季を感じ、瀬々組のみなさんに助けてもらいながら、頑張ります」

●斎藤工(水島大介役)

「“糸”と言う誰しもの中に想い描かれている名曲を、瀬々敬久監督が菅田将暉さん、小松菜奈さんと映画にするのならば、名作になる要素しかない。また“平成”をぐるりと生きた人間として、この平成の足跡を辿る物語は、令和と言う時代の未来を照らす糸になると強く思いました」

●平野隆(原案、企画プロデュース)

「映画『糸』は登場人物達が縦の糸と横の糸となってまるで一つの布を織り成すような物語となっています。今回13名の新しいキャストを発表致しますが、主演の菅田将暉さん、小松菜奈さんを含む15名全員が主演経験者という極めて珍しいこととなりました。それもひとえに中島みゆきさんの名曲『糸』の持つ底知れぬ力に依るところが大きいと思っております。13名が紡ぐ糸は、必ず菅田さん演じる漣と、小松さん演じる葵に結び付きつつも、それぞれの糸も複雑に交差しながら、この物語の舞台である平成という時代を彩ります。映画は、平成という時代に翻弄される漣と葵の物語を軸に進行しますが、榮倉さん演じる香と漣との儚い愛、斎藤さん演じる水島と葵との切ない恋も大きな見所となります。斎藤さんには、皆さんが期待するチャーミングな“悪い男”を演じて頂きます。榮倉さんからは映画『余命一ヶ月の花嫁』で見せたあのとても切ない“笑み”が再び見られるかと思います。観客の皆様には、15名の名優達の研ぎ澄まされた演技を是非お楽しみ頂きたく思います」(Movie Walker・文/編集部)