提供:週刊実話

写真拡大

 一昔前までは、中国は発展途上国といわれていた。しかし現在は中国の技術革新と軍事的膨張、そしてアメリカの経済的衰退が米軍首脳部をイラ立たせ、特にトランプ政権は本気で中国をつぶすべく、東アジアを舞台にした“軍事的シナリオ”を考えているという話もある。

 しかし多くの軍事専門家は「もはや遅すぎる」という悲観的な見方が大半だ。しかもアメリカは戦前の『孤立主義』(一国主義)に逆戻りし、極東情勢を放棄して国連を脱退、日韓国内から駐留米軍を“完全撤退”させ、日韓は独力で自国を守らざるを得ない状況に陥る可能性もある。

 もし仮にそうなった場合、真っ先に狙われるのは台湾と尖閣諸島だろう。尖閣を占領されて日本が弱腰なら、次は奄美群島や沖縄も狙われる。さすがにここまでいけば国連も黙っていないだろうが、アメリカが抜けた国連などマトモに機能するはずがない。そして国連が弱腰なら、今度がロシアが“北海道を狙ってくる”はずだ。

 つまり、日本は北と南から“挟み撃ち”になる可能性が高い。しかも不祥事が続く自衛隊のずさんな組織構造は、今や世界中が知るところであり、中国やロシアの大軍を相手にすれば、まず1週間と持たない。

 そうなったとき、われわれはどうするか? 1億人が火の玉となって戦うのか? 戦前ならともかく、今そんなことを国民に強いるのは絶対に無理だろう。となれば後は全面降伏するしかない。

 最終的に日本は中国とロシアの“侵略的進駐”をなし崩し的に受け入れ、今までのアメリカの属国から、今度は中国やロシアの属国にと“鞍替え”するしか方法がないと思える。

 さて、その先はどうなるか? そもそも四方を海に囲まれ山岳地が多く、国民が1億人も居る国で人権を踏みにじるような荒事は、まず無理だろう。つまり中ロはアメリカと同じく、少数の駐屯軍を置いて完全撤退する可能性が高い。

 そして日本が持つ高度な経済インフラと先進技術は、彼らにとって十分に“魅力的”なはずだ。これは難しい手だが、中ロの政治的駆け引きを利用しつつ、そこにうまく乗っかれば、案外日本は今まで通りの平和が続いていくのかもしれない。