映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ポスタービジュアル

写真拡大

 ロシアの戦車アクション映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』より、日本版予告が解禁された。砲弾が2両の戦車を射抜くシーンをはじめ、戦車が車をなぎ倒しドリフト旋回したり、車内で砲弾がさく裂したり、戦車が大爆発したりと、ダイナミックな映像の連続となっている。

【写真】対立する戦車を真上から捉えた『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』ビジュアル

 本作は、第67回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作。迫力の映像を実現するため、インド映画『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術が結集。登場するソ連軍の戦車“T‐34”はすべて実機を役者自らが操縦しており、本物の戦車内の様子を臨場感たっぷりに映し出す。本国では史上最高のオープニング成績を記録。最終興行収入は40億円超え、800万人動員という数字を叩き出し、2019年のロシアNo.1となっている。

 第2次大戦下、ナチス・ドイツ軍の捕虜となったソ連軍の新米士官イヴシュキンは、ナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T‐34の操縦を命令される。彼は捕虜の仲間3人と隊を組み、T‐34の整備と演習を準備するが、演習ではたった6発の砲弾しか持たず、ナチスの戦車軍からひたすら逃げ惑うことしかできない。しかし、イヴシュキンはあまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。

 予告編では冒頭から戦車同士の激烈な闘いが繰り広げられる。砲弾がぎりぎりの距離で交差する映像や重厚感のある戦車が急発進するところ、そして、砲弾が戦車を2両貫通させる神業と、大迫力の映像が続く。

 その後、舞台は一転して第二次世界大戦下のナチス収容所に。そこでは主人公のソ連軍戦車士官イヴシュキンがとらわれの身となっている。ナチス戦車隊の鬼将校イェーガーは彼に告げる。「捕虜の中から戦車兵を組織しろ。T‐34に乗り我が軍と対決するのだ」。軍事演習の標的に命じられてしまったイヴシュキンは、命がけの大脱出を試みる。予告には「私を連れていって」と言うヒロインも登場し、ドラマチックな展開も予感させる作りになっている。

 同時に解禁されたビジュアルは、ソ連軍最強戦車T‐34‐85とドイツ軍最強戦車パンターが爆炎に包まれるの中、2人のライバルが激突する構図となっている。

 映画『T‐34 レジェンド・オブ・ウォー』は10月25日より全国公開。