事務用品の整理などに使われるテープラベルが貼ってあるかのようなデザインのスマートフォンケースについて、制作した牛人(うしひと)さんに取材した。

テープラベルが貼ってある風のデザイン

牛人さん(@ushihito)が制作した「ペタペタスマホケース」がネット上で話題になっている。

スマホの部位に合わせて、「!フラッシュ直視禁止!」「+音量−」「電源」「↑高画質カメラ」「使いすぎ注意」などと印字したラベルが貼ってあるかのように見えるスマホケース。

ラベルはあくまでクリアケース本体のデザインで、実際にシールが貼られているわけではない。

提供:牛人さん

ネット上に「ドレスダウン系とでも言うべきですかね。嫌いじゃない」「一周回ってオシャレ」「カラーリングがめちゃいい」「エモエモ」などのコメントが寄せられている。

ダサくなりすぎないよう色や文字に工夫

制作した牛人さんに話を聞いた。

--同商品を発案した経緯を教えてください。

男性でも女性でも持てる、なおかつ、「わかるなー」みたいなものを作ろうと思ってデザインしました。

--制作にあたってこだわった点・工夫した点は?

ダサくなりすぎると持ちたくなくなるので、色合いはおしゃれにしました。あと、字をあえてガビガビさせて、らしさを出しました。

提供:牛人さん

--この商品をどんな人に使って欲しいですか?

面白いもの好きな人に使って欲しいです。

あと、私は引っ込み思案なので変な雑貨とかを使って会話のきっかけにしたりするのですが、そういうことに使えたらいいなぁと思います。

--同商品への反響や注文状況は?

購入しましたというお知らせメールがジャンジャン届きすぎたせいで迷惑メールに振り分けられてしまい、びっくりしました。

見た人がふんわりした気持ちになれるものを

牛人さんは会社員として働きながら創作活動を行っている。

--いつ頃からどのような経緯で創作活動をしていますか?

学生時代からものを作るのが好きだったのですが、本格的に作り始めたのは社会人になってからです。

自分の欲しいものを作りたいなという動機が多い気がします。

--普段はどのような作品を作っていますか?

やわらかいフィギュアを作ったり、ゆるいイラストを描いたりしています。

もちもちの動物フィギュアを制作してSNSで発信したところ話題になり、テレビでも紹介され入手困難なほどの人気に。

今年7月には、作り方を紹介する書籍「もちもちあざらしくんの作り方 - はじめてのやわらかさ! かわいくて癒される! -」が発売された。

提供:牛人さん

提供:牛人さん

--創作活動に込める思いを教えてください。

見た人がふんわりした気持ちになれるものを作りたいです。