子どものお菓子やジュース代は、なかなか削れない…。そう思っていませんか? とくに暑い日はジュースをおねだりされちゃうなんてこともあります。
小学生の息子さんと二人暮らしをする節約アドバイザーの丸山晴美さんの家計では、じつはおやつ代がゼロなんだそうです! いったいどのように子どもを納得させているのでしょうか? そこには丸山さん流の子育てにも秘けつがありました。

子どもには「ダメ!」じゃなく選択肢を与える。FP流の節約と子育て




子どもがジュースを飲みたいって言ったら…?(写真はイメージです)暑い日が続きます。小学生の子どもは夏休み真っ最中。子ども自身、週4回の習い事があることと、お友達にも予定があり、なかなか遊ぶ約束がしにくいようです。子どもがゴロゴロとしているその横で、私が仕事をする生活。

当然ですが、取材で私が家をあけるときは、一人でお留守番をさせています。留守番をしているときにお腹がすいたら、自分で冷蔵庫から小分けをしたご飯をチンして食べるくらいには成長しています。

そして基本的にわが家には、お菓子やジュース類はストックしていません。その理由は、ズバリ節約とダイエットです。

●「ジュースが飲みたい」と言いだしたら、お金の使い方を考えさせる

お菓子は、1袋100円ではなかなか買えない時代になりました。しかも中身はどんどん減量され、あっという間に食べ終わって満足感もそれほどないのに、カロリーだけはしっかりとある。「そんなお菓子代に月3000円もかけるくらいなら、その分お米を買った方がマシ!」「おにぎりを食べた方が満腹感も得られる!」という結論に至り、わが家にはお菓子のストックはありません。

その代わりと言ってはなんですが、バナナやキウイといった子どもでもすぐに食べられる果物は常備しています。キウイは子どもが自分で包丁で半分に切って、スプーンですくって食べています。フルーツと炊いたご飯があれば、文句も出ません。

そしてうちの子どもはジュースが好きです。誕生日に1.5リットルの炭酸飲料水を買ってあげたら、あっという間に飲み干してしまうくらいです。でも、ジュースを常備するように買っていたら、きりがありません。

子どもがジュースを欲したときは、「おこづかいで買うならご自由にどうぞ」と伝えています。「だけどね」と、続けるように「うちは、水とお茶と牛乳は無料(タダ)!」と言います。そうすると、子どもは子どもなりに自分の頭で、どちらが最善なのかを考え始めます。

「ジュースを買えばおこづかいが減る。でも、水かお茶か牛乳ならタダ。それならこの3つのうちのどれかにすれば、お金を使わなくて済む」と。今では、家では牛乳かお茶、外出先には水筒に水を入れて出かけています。補足をするなら、水は浄水器にかけたもの、お茶は煮出したものを冷蔵庫で冷やしたものです。

●子どもには将来、お金を考えて使える大人になってほしい


子どもを巻き込んだ節約は、自分でお金について考えるきっかけに(写真はイメージです)うちの子どもは性格上、納得すればそれ以降あまり文句も言ってきません。「お菓子やジュースはダメ!」と頭ごなしに言うのではなく、子どもに選択肢をもたせて考えさせて、結論を自分で導きださせるように工夫をしています。

これは将来的にも子どもにとって必要なことだと考えているからです。「今これを買うお金を我慢すれば、違うところにお金が使えるのではないか?」と。
お金を考えて使える大人になってほしい。そう願いながらお金のプロとして子育てをしています。

というわけで、丸山家は、おやつ、ジュース代がないおかげで、年間で9万円分の節約になっています。

・おやつ 150円/日 4500円/月 5万4000円/年
・ジュース 100円/日 3000円/月 3万6000円/年
合計9万円の節約!


おやつとジュースで毎日350円の出費も、年間で考えれば大きな出費になることにも気づかされるでしょう。
これは大人にとってもメリットがあります。お菓子やジュースをやめて、自然と体重が減れば、特別なダイエットやダイエット食品やサプリなどの出費も不要となります。仮に、カロリーカットサプリに月4000円かけていたものをやめられたら、年間で4万8000円の節約になりますよ。

お金は優先順位を考えながら、出すところ、抑えるところのメリハリが必要です。買い物のレシートを見て1回あたりのお買い物でどれくらい嗜好品を買っているかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

●教えてくれた人
【丸山晴美さん】

節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー。所持資格はFP技能士、秘書検定、調理師、消費生活アドバイザーなど。クックパッドニュースで「丸山晴美の食費節約レッスン
」の連載を持つ。著書に『定年後に必要なお金「新・基本のキ」』
『簡単!しっかり貯まるお金の基本』
(共に宝島社刊)など多数