ハリセンボン・近藤春菜

写真拡大 (全12枚)

お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜が、15日の都内で行われた、映画『ロケットマン』のブルーカーペットイベントに登場。わざと、同作の主人公のエルトン・ジョンに似せたところで「エルトン・ジョンじゃねーよ!」と持ちネタのフレーズを発し、観客を笑わせた。

相方の箕輪はるかは「現金取引しかしない社長に見える」と、ものまね度合いに突っ込んだが、春菜は「やっぱり、自分でも見ても『エルトン・ジョンじゃん』って言いたくなる仕上がり」と自画自賛。「このサングラスは、グッチのもの。たぶん、ご本人もかけていたのでは」と小物一つで似せてきた。

▼ ハリセンボン(近藤春奈、箕輪はるか)

映画『ロケットマン』ブルーカーペットイベントにて


▼ 近藤春奈


司会者も「エドにそっくり」と反応を示すと、女性客からは「カワイイ」との声援も。すると、春菜は満足げな表情を浮かべ「知ってる」と返し、またまた笑いを取った。

イベントには、ライブ配信のナビゲーター役として、ふかわりょうも登場。DJ活動などの積み重ね「ロケットマンとして20年続けて良かった」と仕事のオファーにつながったことを喜び「また、タオルを作っておいた甲斐があった」と名前入りをタオルを持参して、写真に収まっていた。

▼ ふかわりょう


映画『ロケットマン』は、イギリスが生んだ天才シンガーであるエルトン・ジョン感動の実話。今日のイベントにも登壇した、タロン・エガートンが若き日のエルトンを演じ、圧巻のパファーマンスで彼の半生における"光と闇"を珠玉の名曲と共に綴っている作品で、今月23日から全国でロードショー。

▼ タロン・エガートン


▼ デクスター・フレッチャー監督


▼ 映画『ロケットマン』予告映像


■関連リンク
映画『ロケットマン』 - 公式WEBサイト