出演者は柄本佑&瀧内公美の2人だけ
 - (C) 2019「火口のふたり」製作委員会

写真拡大

 柄本佑と瀧内公美がダブル主演を務めるR18+の衝撃作『火口のふたり』(8月23日公開)より、大胆すぎて劇場での上映がNGとなった幻の予告編が公開された。

 『火口のふたり』の原作は、直木賞作家・白石一文の同名小説。結婚を前に昔の恋人と再会した男女が、抑えきれない衝動の深みにはまっていくさまを描き出す。出演者は、映画『アルキメデスの大戦』(公開中)やNHK連続テレビ小説「なつぞら」など出演作が相次ぐ柄本と、放送中のTBS系ドラマ「凪のお暇」で主人公の元同僚を演じ、一躍注目されている瀧内の2人のみ。脚本家・荒井晴彦の監督第3作目となる。

 今回公開された幻の予告編は、大胆かつ濃厚なラブシーンが多いということから、劇場で上映がNGとなった映像。通常の予告編との違いは、賢治(柄本)と直子(瀧内)がベッドの上で濃密に抱き合ったり、玄関先で後ろから抱き締めて激しく求め合うシーンが含まれていること。

 さらに彼らの青春時代を切り取ったモノクロ写真では、学校の教室で下着姿をあらわにした直子のカットが映し出され、フォトアルバムをめくる場面では通常の予告編とは別ページの部分が使用されている。(編集部・小松芙未)