スネークアイズ役で出演交渉に入っているというヘンリー・ゴールディング

写真拡大

 米ハスプロ社の人気アクション・フィギア、G.I.ジョーを実写映画化した『G.I.ジョー』シリーズ。スピンオフ『Snake Eyes(原題)』の制作が進み、映画『クレイジー・リッチ』や『シンプル・フェイバー』の俳優ヘンリー・ゴールディングが、タイトルロールを演じる可能性が高まってきた。

【写真】アジア系イケメン「ヘンリー・ゴールディング」フォトギャラリー

 The Hollywood Reporterによると、ヘンリーは出演交渉に入っているという。タイトルロールのスネークアイズは、2009年の『G.I.ジョー』と2013年の『G.I.ジョー バック2リベンジ』にも登場したキャラクターだ。日本で忍術や武道の修行を積んだ格闘技のエキスパートで、東南アジアの偵察隊に所属していた経歴がある。

 本来は漆黒のスーツで全身を覆い、顔も見せず言葉も発さないというキャラクターなので、スピンオフでの描かれ方に注目が集まる。『G.I.ジョー』シリーズでは白人俳優のレイ・パークが演じた。

 米パラマウント・ピクチャーズのもとで進められている『Snake Eyes(原題)』は、映画『RED/レッド』や『ダイバージェント』シリーズのロベルト・シュヴェンケ監督がメガホンをとり、『美女と野獣』実写版のエヴァン・スピリオトポウロスが脚本を執筆する。父を死に追いやった者に復讐するため、忍者軍団に加わったスネークアイズの軌跡を描くと伝えられている。