「神の使いか…」霧の中、鳥居の前にたたずむキツネさんの姿が神秘的

写真拡大 (全2枚)

Twitterユーザーのツジーリヤ・ヨシコサンドロワ(@tsu_jy)さんが撮影したキツネの写真が、神秘的だと話題になっている。 

薄く霧のかかる中、誰もいない稲荷神社の赤い鳥居の前に座る1匹のキツネさん。しっかりとカメラのほうに視線を向けた姿は、まるであちらの世界からお迎えに来た、神の使いのようだ。

投稿を見たTwitterユーザーからは、「神社で狐に出会うことはなんか吉兆かもしれないね」「現実がCGを越えてる。これが奇跡ですね」といった声が寄せられている。

蔵王キツネ村で出会ったとある狐さん、鳥居や霧と相まって完全に神の使い「めでたいこと起こりそう」

なお、この写真が撮影されたのは、宮城蔵王キツネ村とのこと。大自然の中でキツネたちと触れ合えることで人気のスポットだ。この神秘的な光景を実際に見たい方は、ぜひ訪れてみては。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら