フリーランスの年収は「300万円未満」が6割、「1000万円以上」は4.7%

写真拡大 (全6枚)

 「フリーランス」という働き方について、会社員と現役フリーランスではどのようにとらえ方が違うのか。アデコが調査を行った。

■「フリーランス」に対するイメージのギャップ

 アデコは、会社や団体で働くビジネスパーソンで、フリーランスとして働くことに興味がある300名と現役フリーランスとして働く300名を対象に、フリーランスという働き方に関するアンケート調査を実施した。

 現役フリーランスと会社員の双方に、フリーランスのメリットをそれぞれ質問したところ、1位は「自分のペースで仕事ができる」(現役フリーランス60.7%、会社員65.7%)となった。

 しかし、2位の回答は両者で分かれ、フリーランスは「自分のやりたい仕事ができる」(53.0%)、会社員は「収入を増やしたい」(63.7%)がランクイン。「現役収入を増やしたい」は、現役フリーランスでは12位となっている。

 フリーランスのデメリットと感じることを、現役フリーランスと会社員に質問したところ、両者とも1位は「収入が不安定」(現役フリーランス72.7%、会社員50.0%)を挙げており、イメージと現実に乖離がない結果になった。

 しかし、会社員の回答の5位にある「仕事する時間が増加する」(30.3%)は、現役フリーランスでは上位に挙がっていない。これはメリットの1位になっている「自分のペースで仕事ができる」、3位の「働く時間を自分で決める」を裏付けるかたちとなり、フリーランス自身の裁量で仕事をすることが可能である働き方であることが明らかになった。

 一方で、現役フリーランスが回答したデメリットとして、2位「社会的信用が低い」(42.1%)、6位「福利厚生の整備」(28.9%)があり、フリーランスが働く環境には今後も一層の整備が必要なことがうかがえる結果となった。

■現役フリーランスの7割が「今後も継続したい」

 現役フリーランス300名に対して「今後、希望する働き方」を質問したところ、77.3%が今後も「フリーランス」を継続したいと回答した。その一方で、「会社員として働きたい」は4.3%で、自分のペースで働くことができるフリーランスという働き方を今後も希望していることが分かった。

 現役フリーランスに対して、何に将来的な不安を感じるかを質問したところ、「顧客(仕事)の継続的な確保」(41.3%)が最も多く、続いて「収入単価の低さ」(39.7%)、「自身の健康の維持」(39.7%)が続いた。その一方で、13.7%の人は「特に不安はない」と回答している。

 また、過去に会社員として働いた経験がある現役フリーランス121名を対象に、会社員時代と比較してフリーランスでよかったことを質問したところ、「自分のペースで仕事ができる(ワーク・ライフ・バランスがとりやすい)」(65.3%)が最も多く、次いで「自分がやりたい仕事ができている」(59.5%)、「通勤のストレスがない」(55.4%)となった。

■フリーランスの年収、300万円未満が6割

 現役フリーランスに過去1年間の個人年収を聞いたところ、300万円未満が63.3%、300-400万円が14.7%。一方で、年収1000万円以上と回答するフリーランスもおり、個人によって収入レベルに幅があった。

■会社員の7割が、副業としてフリーランスを希望

 一方、フリーランスとして働くことに興味がある会社員を対象に「フリーランスだけで働きたい」のか「会社員とフリーランスとの副業で働きたい」のかを質問したところ、7割以上が「会社員とフリーランスの副業で働きたい」と回答。会社員として安定した収入を得ながら、フリーランスに挑戦したいという志向が強いことが明らかになった。

 フリーランスとして働くことに興味ある会社員を対象にその理由を聞いたところ、「会社員の収入よりも高い収入を得たい」(39.7%)、「複数の収入源を得て経済的な安定を得たい」(36.3%)という回答が多くなっている。

【調査概要】
調査対象:現役フリーランスとして働く300名、会社員や団体で働くビジネスパーソン300名
調査方法:インターネット調査
実施時期:2019年6月25日〜29日

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】
野村證券とランサーズ、iDeCoによるフリーランス向け資産形成支援サービス
20代の7割が「転職に前向き」も、年収アップする人は年々減少
役員報酬1億円以上は570人、従業員の平均給与と50倍以上の格差があるのは9社に