来日が決定したクエンティン・タランティーノ監督とレオナルド・ディカプリオ

写真拡大

レオナルド・ディカプリオが、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のプロモーションのため、同作でメガホンをとったクエンティン・タランティーノ監督と揃って来日することがわかった。

[動画]映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編

本作は、タランティーノ監督にとって2015年の『ヘイトフル・エイト』以来4年ぶりとなる新作。『ジャンゴ 繋がれざる者』(12年)でタランティーノ監督作品へ初出演をはたしたディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(09年)で同監督作品初主演をはたしたブラッド・ピットの2大スター初共演も話題の作品だ。

ディカプリオが演じるのは、ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしているちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトン。ピットが、そんなリックを支えるスタントマンかつ親友でもあるクリフ・ブース役に扮している。

ディカプリオが映画のプロモーションで来日するのは、悲願のアカデミー賞主演男優賞に輝いた『レヴェナント:蘇えりし者』の2016年3月以来、3年5ヵ月ぶり11度目。タランティーノ監督の来日は、2013年2月の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来6年半ぶりで、『ジャンゴ』ではかなわなかったタランティーノ監督×ディカプリオの揃っての来日が実現する。

2人は8月26日に都内某所で行われる記者会見やジャパンプレミアに参加予定となっている。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開となる。