「ある自動運転スタートアップが、ウォルマートの中間配送を請け負った明快な理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

ネットで注文した食料品や雑貨類を地元のウォルマートで受け取る──。そんなやり方で買い物をしているアーカンソー州の人たちのことを、もうすぐ自動運転のクルマが少しばかり手を貸してくれることになる。だが実際のところ、そのことに気づく客はほとんどいないだろう。

このほどウォルマートは、客から注文を受けた商品をアーカンソー州ロジャーズの大型店舗「スーパーセンター」から、近隣の町ベントンヴィルにある小規模店舗「ネイバーフッド・マーケット」まで自律走行車で配送するサーヴィスを発表した。使用するのは、スタートアップ企業のGatikが開発した無人ヴァンだ。客たちは自宅から近いベントンヴィルの店で、洗剤や紙タオル、ポテトチップなど、注文した品々が入った買い物袋を受け取ることができる。

この中間物流に相当する“ミドルマイル”の試験運用では、カリフォルニア州パロアルトを本拠地とするGatikが、フォードのヴァン「トランジット コネクト」を改造した3台の自律走行車を走行させる。期間中、1日最大10回の運行を日中のみ毎日続ける予定だ。

不測の事態に備えて係員が運転席に座り、両店舗間に設定した2通りのルートのいずれかを走行する。遠回りになるものの特別な運転技術を要さない片道5マイル(約8km)のルートか、難所を含む2マイル(約3km)の近道ルートのどちらかだ。「安全要員のドライヴァーを乗車させることなく、安全な走行を続けることが最終目標です」と、Gatikの最高経営責任者(CEO)であるゴータム・ナランは言う。

輸送コストを50パーセント削減

Gatikが掲げる目標は、ずいぶんと小さなものに見える。しかし、人間が乗車しなくても済むほどの安全性を確保することが、いかに難題であるかを考えれば説明がつく。Gatikは自動運転タクシー事業に乗り出すつもりはないし、個人客に自動運転のクルマに乗車してもらうことも、無人走行の配達車から品物を直に受け取ってもらうことも考えていない。

「わたしたちのやり方なら、消費者の行動様式が変化するのを待つ必要はありません」と、ナランは言う。つまり、自律走行車に乗り込んだり、玄関先まで来てくれないロボットから品物を受け取るために車道の脇まで足を運んだりすることに、人々が抵抗を感じなくなるまで待たなくてもいいということなのだ。

Gatikはウォルマートのような業態とのビジネスを望んでいる。人件費の削減にロボットが真価を発揮できる領域を探っているのだ。ナランによると、Gatikの技術を採用することで、ウォルマートは輸送コストを50パーセントほど削減できるという。試験運用をどのくらい続けるかについてGatikは言及を避けたが、すべてが順調に進めばウォルマートとの提携関係をほかの地域にも拡大したいと同社の広報担当者は語っている。

この数年で競争の激しい自律走行車のビジネスに参入したほかのスタートアップと同じように、Gatikは乗客を運ぶ大がかりな事業ではなく、狙いを絞ったニッチなビジネスを追求し続けている。 PHOTOGRAPH BY GATIK

だが、それがうまくいくのは、クルマがさまざまなルートに対応して走行できる場合に限られる。2店間を近道で結ぶルートを行く場合、Gatikのヴァンはレーザー光を用いたセンサーのLiDAR(ライダー)、レーダー、センサーカメラなどの装備で、車線変更や左折などの比較的難しいポイントを切り抜けなければならない。

なかでも左折は安全対策のとりようがなく、自律走行車の開発者にとっては永遠の悩みの種だ。ラッシュアワーなどの渋滞時に優先すべきはスピードではない。そんなときは、やや遠回りではあるが、厄介な左折をせずに済む5マイルのルートを選ぶことになる。宅配サーヴィスのUPSでも有人の配送車が左折箇所を避けながら走行しているが、これはナランによると運転技術というよりも燃費の問題らしい。

小さな仕事を見つけて勝負する戦略

ヴェンチャーキャピタルのイノヴェイションエンデヴァーから450万ドル(約4億7,550万円)の出資を受けたナランは、パロアルトとトロントの2カ所に技術センター、アーカンソーにオペレーション部門を置き、15〜20人の従業員を配置した。この数年で競争の激しい自律走行車のビジネスに参入したほかのスタートアップと同じように、Gatikはターゲットをとても具体的に定めている。

具体的には、Kodiak、Pronto、Starsky、Ikeといった長距離輸送の無人トラックを扱う企業と、Nuro、Boxbot、Refractionといった「ラストマイル」の物流を手がける会社、そして小型のロボットカーが歩道を走行して品物を届けるMarbleやStarshipのようなビジネス形態の中間地点を目指しているのだ。

こうした企業がターゲットを限定している理由は、この分野の大手各社の苦戦ぶりを見れば容易に理解できる。旅客の輸送に自律走行車を利用するという壮大な目標を掲げる大手企業は、いずれも難問を抱えているのだ。

例えば、ゼネラルモーターズ傘下のGMクルーズは19年7月、年内にサンフランシスコで予定していた自動運転タクシー開発プログラムの実施を延期すると発表した。同じく自律走行車の開発を手がけるアルファベット傘下のウェイモも、2018年にサーヴィスを開始する予定だったが、安全のため運転席に人を同乗させての運行にとどまっている。

こうした現状を見ると、GMクルーズの100分の1ほどの規模のGatikが、小さな仕事を見つけて勝負しようとするのは理にかなっている。それに、Gatikの技術がどれほど役に立つかアーカンソー州で明らかになれば、自動運転技術が世界にどう普及していくかを示す証がひとつ増えることになる。

一度にすべてを変えることはできない。だが少しずつ、人が見向きもしないところに、この技術を生かせるはずだ。