「おジャ魔女どれみ」シリーズ第2作が
初ブルーレイボックス化

写真拡大

 東映アニメーション制作の女児向けアニメ「おジャ魔女どれみ」シリーズの第2作「おジャ魔女どれみ#(しゃーぷっ)」が初めてブルーレイボックス化され、2020年1月8日に発売される。

 1999〜03年にテレビシリーズ4作が放送された「おジャ魔女どれみ」は、魔女見習いとなった少女たちの成長や奮闘を描いた物語。シリーズ最高視聴率を記録した第2作「おジャ魔女どれみ#」は、「子育て」をテーマに、人間と魔女の違いや、主人公どれみと魔女のハナちゃんとの別れがつづられた。

 ブルーレイボックスは、映像特典としてノンクレジットオープニング「おジャ魔女はココにいる」とノンクレジットエンディング「声をきかせて」が収録され、録り下ろし新作スペシャルドラマCDとスペシャルブックレットも付属。価格は5万2800円(税抜き)。