人気者3人の登場に会場からは悲鳴にも似た歓声が上がった

写真拡大

レベルファイブの日野晃博が製作総指揮・原案・脚本を務め、スタジオジブリ出身の百瀬義行が監督したアニメーション映画『二ノ国』(8月23日公開)の中高生限定スペシャルトークイベントが8月14日に東京・旧細川侯爵邸で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇。いつも仲のよい様子を見せる山崎と新田だが、永野が「2人でずっとイチャイチャしている。なにをしゃべっているかわからないし、2人の世界に入るのだけはそろそろ気をつけていただきたいなと」と茶目っ気たっぷりに注意喚起。会場の笑いを誘った。

【写真を見る】見つめ合う山崎賢人&新田真剣佑、永野芽郁から注意された

本作は、現実世界と並行する魔法世界“二ノ国”へ迷い込んでしまった高校生が、命をめぐる究極の選択を迫られていく青春ファンタジー。劇中では、山崎と新田が親友役を演じており、山崎は「最高でした。ナチュラルなキャッチボールができた」と息を合わせたアフレコを述懐。新田も「いつもとは違う現場。映る側ではない形で、“じゃあ、やろうか”という雰囲気で落ち着いてできた」と声優としての共演に充実感をにじませていた。

またこの日は、会場の中高生から事前に集めたお悩みにも答えることに。女子高生から「1年間の片思いをしている。なかなか想いを伝えられません。3人だったらどう伝えますか?」との質問が上がると、山崎は「それは友達ですか?」と聞き取りを開始。女子高生は“賢人”とのうちわを持った山崎賢人ファンで、うちわに気づいた新田は「賢人としゃべれる!」と女子高生を楽しそうに励ました。

女子高生は声を震わせて「友達です」と答えると、目をしっかりと見て相談に乗ってくれる山崎の姿に思わず感涙。山崎は「告白してしまうと、関係が崩れちゃうんじゃないかとか、そういうやつですかね」と不安な気持ちに寄り添いつつ、「でも告白しなかったら、そのままだし。当たって砕けろかな」と提案し、新田も「どっちみち後悔するなら!」と同意していた。

一方の永野は「言わないのもアリな気はする」と思案し、「そういうのは、タイミングだと思う。本当に好きで付き合いたいと思っていたら、もう言っている気がする。片想いの時って、追いかけているのも楽しい。いま自分が楽しいなら、無理をしなくてもいい。楽しんで!」と女子高生を元気づけ、これには山崎と新田も「カッコいい」と感心しきり。アドバイスをもらった女子高生が「3人から勇気をもらったので、告白頑張りたいと思います」と宣言すると、3人ともが「応援してます!」とエールを送っていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)