2019年8月4日、TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」のイベント『「不機嫌なモノノケ庵 續」スぺシャルイベント 〜現世の夏、満喫旅〜』が開催。イベントには梶裕貴さん、前野智昭さん、大谷育江さん、諏訪部順一さん、下野紘さん、遊佐浩二さんが出演した。今回、オフィシャルレポートが到着したので紹介する。


「『不機嫌なモノノケ庵 續』スぺシャルイベント 〜現世の夏、満喫旅〜」イベントレポート
芦屋花繪と安倍晴齋の妖怪祓いコンビと妖怪たちが活躍する大人気TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』。そのキャストが多数出演するスペシャルイベントが、2019年8月4日(日)に東京北区王子の「北とぴあ さくらホール」にて開催された。公演は昼・夜の2回。出演したのは芦屋花繪役:梶 裕貴、安倍晴齋役:前野智昭、ヤヒコ役:大谷育江、立法役:諏訪部順一、司法役:下野紘、行政役:遊佐浩二の6人という豪華なメンバーであった。

昼の部は15時30分にスタート。イベントタイトルの通り「現世の夏」を感じさせる真夏日であったが、会場には熱心なファンが詰めかけ、1300の座席は満員。ステージには物怪庵を模した茶室のセットが組まれ、ファンの期待は否が応でも上がってしまう。最初にスクリーンに投影された物怪庵のセリフと晴齋のナレーションのかけあいによる注意事項の案内でイベントは開幕。このイベントは参加者が物怪庵に乗車(?)して、現世の夏を満喫する旅に出立するというツアー仕立ての趣向だ。

続いてキャスト6人が登壇。梶はモジャのぬいぐるみを持って登場した。各キャストの開幕の挨拶では、諏訪部が「会場の場所を検索しようと『北区王子』と入力したら、『帰宅王子』と変換されてしまいました」というエピソードを披露し、会場の笑いを誘った。

最初のコーナーは「夏のモノノケ庵映画祭り」。各キャストが演じるキャラクターの名シーンをVTRで振り返った。懐かしいシーンの連続で、キャストのトークも盛り上がったが、ここでは、なぜか下野に話題が集まる。下野が「司法を意識した」というトラの顔がプリントされたTシャツに梶は執拗に食いつき、諏訪部は、下野のハーフパンツから覗く生足に「ケモノ感がある」とコメントし、会場は爆笑の渦に包まれた。下野は司法のイントネーションについて「あれは特定の方言はなくて、いろいろな方言を参考にしています」と“下野弁”であったこと。そして「隠世(かくりよ)のイントネーションが難しかった」というエピソードを明かした。コーナーの最後には、原作者:ワザワキリ描き下ろしのイラストとストーリーで構成された朗読劇「宇宙人VS毛玉戦隊」をキャスト全員で披露。途中、下野が「隠世星人ビーム」という決めのセリフを噛んでしまい、梶が「噛んでもビームが出るんだ」と、即座にアドリブを入れ、大盛り上がりのスペシャル朗読劇となった。

続いてのコーナーは学習塾での夏期講習。キャストにフリップが配られ、お題に答える内容だ。最初の「モノノケ庵のキャラクターで『夏が似合う』のは誰?」というお題では、前野と下野のふたりとも、第1期・6話に登場した江戸っ子ウナギの「マンジロウ」と回答。前野は「夏に食べたい」とのコメントで、キャストと会場の共感を呼んだ。次の「『これぞ日本の夏』といえば何?」というお題では下野が「生ビールとからあげ」と回答。諏訪部から「ビジネスからあげでしょ?(笑)」と突っ込まれていた。遊佐は「蚊取り線香」をチョイス。フリップに過去の蚊取り線香の変遷を描き、夏の風物詩の歴史を力説した。大谷は「盆踊り」「おどった後にタダでジュースをくれるし」と回答し、会場はほんわかとした空気に包まれた。

次のコーナーは「夏休みアニメスペシャル まんがモノノケ庵昔話」。これも描き下ろしの昔話風の朗読劇が披露された。昼の部では「モジャ太郎と鬼ヶ島」という桃太郎をモチーフとしたエピソードが、スクリーンに投影された描き下ろしのイラストとともに朗読された。とくに鬼役のヤヒコのかわいいイラストと大谷の演技に、ファンもほっこり。大谷も「鬼の被り物をしたヤヒコがとてもかわいい」と、お気に入りの様子だった。

続いて、ステージには「くじびき」の屋台が登場。Blu-ray4巻セットなどが来場者に当たる、豪華大抽選会に突入した。幸運にも各商品をゲットしたファンは、喜びを満面にあらわしていた。そして、キャストの盛り上がりで追加のプレゼントが緊急追加。その商品はなんと、ステージ上のくじ引き屋台の垂れ幕。モジャのイラストもほどこされている一品物プレゼントの登場に、会場も大いに沸いた。


楽しい時間もあっという間。最後に各キャストは来場者にメッセージを送り、“夏の旅”は、お開きとなった。各キャストのメッセージは下記の通り。

「ありがとうございました。行政は2期からの出演でしたが、幸せな時間を過ごすことができました。これからも応援よろしくお願いいたします」(遊佐)。

「みんなでお祭りをやっているようなイベントで、とても楽しめました」(下野)。

「ご来場ありがとうございました。まだまだシリーズが続いていけるよう、応援お願いします」(諏訪部)。

「アフレコから結構時間がたっていたので、この前観直しました。そうしたらキャラの関係性がすごい素敵な作品だと改めて思いました」(大谷)。

「アニメでは原作の11巻までのエピソードが描かれました。その後を僕たちの芝居で追うことができればとてもうれしいです。これからもどうぞ応援よろしくお願いします。」(前野)。

「モノノケ庵らしい雰囲気のなかで、みんなで楽しめました。先生の描き下ろしもうれしかったです。引き続き関わることができたらうれしい作品です。これからもよろしくお願いします」(梶)

また、このイベントの夜の部の映像DVDは、Blu-rayの3〜4巻連動購入特典として、応募者全員にプレゼントされる。夜の部では朗読劇の演目が変更されていたり、昼の部とは別の趣向が凝らされている。ぜひ応募して、DVDをゲットしよう。


©Kiri Wazawa / SQUARE ENIX
©ワザワキリ/SQUARE ENIX・「不機嫌なモノノケ庵2」製作委員会