映画『二ノ国』の中高生限定スペシャルトークイベントに出席した(左から)山崎賢人、新田真剣佑 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 俳優の山崎賢人、新田真剣佑と女優の永野芽郁が14日、都内で行われた映画『二ノ国』(23日公開)の中高生限定スペシャルトークイベントに出席。舞台裏でも仲が良いという山崎&新田の親友コンビに対し、永野が「2人の世界に入るのは気をつけてほしい」とダメ出しする場面があり、会場の笑いを誘った。

【動画】山崎賢人&新田真剣佑&永野芽郁が恋愛トーク

 山崎は「4日間で撮ったんですけど、4日目にまっけんと一緒で。何の緊張もせず良い空気感でできて、最高でしたね。知らない人とやるよりは、すごくナチュラルなキャッチボールができたと思います」とアフレコを振り返った。新田も「オフの新田真剣佑と山崎賢人がいて『じゃあやろうか!』という雰囲気でやれました」と山崎との共演に笑顔。

 一方、アフレコがかぶらなかった永野は「山崎さんとはこれまで共演もなかったので、きょうで会うのは3回目か4回目くらい」とし「言いたいことがあるんですけど、私がいても2人でイチャイチャしてるんですよ!」とまさかのツッコミが。これに山崎は「すみません」と素直に謝罪。新田は「どうでもいいことしか話してない」と仲の良さをアピールした。

 また、会場の女子高生から「ストレスで暴食してしまう」という悩みが届くと、山崎は「肉なら大丈夫」とアドバイス。肉の話になると新田が『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年)で共演した神木隆之介と山崎と3人でスーパーに行った時の事を語り「『まっけん、全部買ってあげる!』と神木隆之介が言って、全部の肉をかごに入れてくれて、家まで歩いて持って帰りました」とエピソードを披露。「おかげで冷凍庫がパンパンになりました」と言い、山崎と笑い合っていた。

 物語は、主人公・ユウ(山崎)たちが暮らす現実世界“一ノ国”、そして隣りあわせにある魔法世界“二ノ国”の2つの世界が舞台。二ノ国に突然迷い込んでしまったユウと親友のハル(新田)は、2人の幼なじみのコトナ(永野)を巡る事件をきっかけに2つの世界を行き来することになる。命がつながったもうひとりの自分がいる世界で、ユウは次第にアーシャ姫(永野)に惹かれていく。しかし、「コトナの命を救うためにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった。コトナを救いたいハル、アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけて、2人は究極の選択を迫られる。