札幌市の住宅街に現れたクマ=2019年8月12日午後8時29分、札幌市南区の藤野地区、白井伸洋撮影

写真拡大

 札幌市は14日、市内の住宅地で今月上旬から出没を繰り返していたヒグマについて、人に危害を与える恐れがあるとみて猟銃で駆除した、と発表した。

 市によると、ヒグマは13日夜から14日未明にかけて、同市南区の住宅地に断続的に姿を現した後、午前4時半ごろやぶに入って姿が見えなくなった。市の依頼を受けた北海道猟友会のメンバーと警察官、市職員ら十数人が出動して追跡。姿を見失った地点から約400メートル南の山中でヒグマを発見し、午前6時6分に射殺した。体長140センチ、体重128キロの雌で、住宅地で頻繁に目撃されていたクマと同一の個体と確認した。

 同市南区では6日から連日、ヒグマの出没が続いた。夜間だけでなく日中も姿を現し、トウモロコシなど畑の作物を食べるなどしていた。当初は人を避けていたが、最近は車が通っても逃げずに居座るようになっていた。(片山健志)