一部機種でLINEが利用不可やプッシュ通知停止に!写真はスマートフォン for ジュニア2

NTTドコモは5日、より安全で安定したサービスを提供するために一部機種にてコミュニケーションサービス「LINE」アプリの提供終了またはプッシュ通知機能の停止を予定しているとお知らせしています。同社では引き続き、これまで通りLINEを使う場合には機種変更を推奨するとしています。


まず2019年9月頃にLINEアプリサービス終了を予定しているのは「らくらくスマートフォン F-12D」および「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」などのLINEアプリのVersion 7.16.1未満のみが提供されている機種で、トークの閲覧やバックアップなどを含めて全機能が利用できなくなるとのこと。

また2020年3月頃にLINEアプリにおけるプッシュ通知機能が停止する予定なのは「らくらくスマートフォン2 F-08E」、「らくらくスマートフォン3 F-06F」、「ビジネススマートフォン F-04F」、「AQUOSケータイ SH-06G」、「ARROWSケータイ F-05G」、「AQUOSケータイ SH-01J」、「P-smartケータイ P-01J」、「らくらくホン F-02J」。

これらの機種ではLINEアプリを起動していない間に受け取ったメッセージの通知および無料通話の着信通知を受け取れなくなるとのこと。ただし、アプリを立ち上げると、メッセージ受信や着信履歴を確認することは引き続いてできるとしています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・ドコモからのお知らせ : 一部機種でのLINEアプリサービス提供終了、プッシュ通知機能の停止に関するお知らせ | お知らせ | NTTドコモ