【今週末の新作映画】『救命医ハンク』『HOMELAND』ティモシー・シャラメ主演作

写真拡大 (全2枚)

好きな俳優が出演している作品は全てチェックしよう! 海外ドラマでお馴染みの俳優に特化した新作映画をピックアップ! 今週末(8月16日〜)は、『救命医ハンク』や『HOMELAND』にゲスト出していたティモシー・シャラメが主演する青春映画や、Netflixオリジナルドラマ『マーロン』のマーロン・ウェイアンズが一人6役を演じる注目作が公開! お見逃しなく!

■8月16日(金)『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』

『君の名前で僕を呼んで』や『レディ・バード』で一躍脚光を浴びたティモシー・シャラメが主演を務める青春映画。

時は、1991年。最愛の父を亡くし、立ち直れない少年ダニエル・ミドルトン(ティモシー)は、叔母の家で夏を過ごすため、海辺の小さな町ケープコッドを訪れる。美しい海浜でのバカンスを求めてやってくる都会人や地元民とも馴染めないダニエルは、地元ではワルで有名なハンター・ストロベリーとつるむように。複雑な家庭の事情を抱えているハンターだが、妹のマッケイラを守ることには命をかけていた。「妹には近寄るな」とのハンターの言葉に怯えながらも、ダニエルは町で一番の美女マッケイラと密かに逢瀬を重ねるようになる。だが、ダニエルのきらめくような夏は、最大級のハリケーンの到来で...。

その他の出演者:マイカ・モンロー(『イット・フォローズ』)、マイア・ミッチェル(『フォスター家の事情』)、ウィリアム・フィクトナー(『プリズン・ブレイク』)、トーマス・ジェーン(『エクスパンス -巨獣めざめる-』)、エモリー・コーエン(『The OA』)

■8月16日(金)『セクスタプレッツ 〜オレって六つ子だったの?〜』

Netflixオリジナル映画。『ハムナプトラ』シリーズの監督スティーヴン・ソマーズがメガホンを執った『G.I.ジョー』で、リップ・コードを演じたマーロン・ウェイアンズが一人6役(6つ子)に挑戦するコメディ。

まもなく子どもが産まれる予定の38歳のアラン(マーロン)は、ずっと一人っ子として生きてきた。ところが、自身の生みの母を探す過程で、自分の兄弟だというラッセルに出会う。しかもラッセルは、6つ子だと言うのだった。二人は車に乗り込み、残りの4人の兄弟たちを探し出す旅に出るが、アランは自分のルーツを探ろうとしたのは大きな間違いだったのではないかと疑問を抱く...。

その他の出演者:モリー・シャノン(『Divorce/ディボース』)、グリン・ターマン(『殺人を無罪にする方法』)、ロバート・プラルゴ(『ティーン・ウルフ』)

(海外ドラマNAVI)

Photo:

ティモシー・シャラメ
(c) JHMH/FAMOUS
『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』
(c) 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.
Netflixオリジナル映画『セクスタプレッツ 〜オレって六つ子だったの?〜』