デジタル写真集『てんしすぎる』を発売した小室さやか

写真拡大 (全4枚)


テクノポップボーカルユニット、alomのメンバーとして活動中の小室さやかが、デジタル写真集『てんしすぎる』を発売。早速、反響を呼んでいる。

本写真集は、5月に『週刊プレイボーイ』誌上に掲載されたグラビアのアザーカットで構成されたもの。落ち着いたホテルの部屋やビーチなどでちょっぴり物憂げな表情を浮かべ、B83W57H84のバランスのとれたボディを見せつけている。

最近はグラビアでの活動のほか、ミュージカル『スタントウーマン』で主演するなど女優としての活動も本格化。注目度上昇中の彼女に、デジタル写真集のことから、近況までを聞いた。

──『てんしすぎる』ってタイトルですけど、まさにその通り、すごく愛らしいカットがいっぱいですね。

小室 いやいや、そんな(笑)。

──今回のデジタル写真集は、週プレに掲載されたグラビアのアザーカットで構成されてるわけですけど、この時の撮影の感想は?

小室 これは昨年の年末にグアムに行って撮影してきたんです。当たり前だけど真冬の東京とは違って、すごく暖かかったんで、着いた瞬間からテンションがあがっちゃって。東京を発つ前はちょっと緊張もあったんですけど、一気に吹き飛びました(笑)。

──中でも気に入ってるカットは?

小室 本誌では使われなかったんですけど、茂みで撮影したアイスキャンディーを食べてるカットです。

──白いビキニ姿のまま、うれしそうな表情で食べていますね。

小室 そう。冷たくて美味しかったんだけど、外が暖かいからどんどん溶けちゃって(笑)。インスタ載せたオフショットの評判もよかったです。あと写真集の表紙にもなった黒い競泳水着のカットも気に入ってます。

──これはまたすごくキレイですね。

小室 かなり盛って頂きました(笑)。これは水着も好きで。背中ががっつり開いてる型なんですけど、それがまた可愛いし、あとはビキニと違ってお腹が見えないから安心していられます(笑)。

──あははは。海外に行ったら、食事もやっぱり楽しみですしね。

小室 そうそう。でもなかなか食べられないですけどね。お昼に美味しそうなハンバーガーが出た時なんて、みんなが食べる中、私だけ我慢したし。あれは本当に辛かったなー(泣)。

──そういうことも含め、とにかく楽しい撮影だったと。でもこう言っちゃなんですが、全体を見る限り、笑顔が少ない気が。

小室 そうなんです。カメラさんによれば、私、明るいよりちょっと暗めの表情のほうがいいみたいで。確かに自分でも写真を見るとそのほうがいいのかなともちょっと思いますね(笑)。普段は思い切り笑いますけど。

──あははは。さて、話をちょっと変えて。最近の趣味は?

小室 サッカーですね。alomで『イナズマイレブン』のエンディング曲をやらせていただいたこともあって、味の素スタジアムにFC東京の試合を見に行ったら、面白くなっちゃって。それ以降も行ったり、あとネットでもFC東京の試合をチェックしたり。

──どの辺りがよかったですか?

小室 ものすごい一体感ですよね。ゴールが決まった時の盛り上がりとか、ユルネバ(FC東京の代表的チャント『You'll Never Walk Alone』)の合唱とか。その場にいると自分も燃えてきます。あとナイトゲームで、スタジアムを覆うLEDライトのキレイさとかも感激するし。あと、趣味といえば、体作りですかね。

──筋トレをしたりとか?

小室 ジムに行って鍛えたりはしてないですけど、毎日1時間くらい万歩計をつけて歩いたり。あとジャズダンスを週一でやってるんで、その時、先生に教えてもらったトレーニングを毎日自宅でしたり。あとは水泳にも行きますね。

──結構、体を動かしているんですね。

小室 動いてるとストレス発散になりますからね。あとやっぱり、私、食べすぎるとすぐ太っちゃうんで(笑)。グラビアの仕事をやらせてもらってるんで気を使ってます。

──さすがです! 最近はテクノポップボーカルユニットalomとしてでなく、そんな風にグラビアをやったり、舞台をやったり、ソロとしての活動も増えてますね。

小室 本当にありがたいです。両方とも好きなんで、「やりたいです!」と口に出してたら、お仕事をいただくようになって。もっとやっていきたいですよね。

──でも、これまで相方の寺田真奈美さんとずっと一緒だったでしょ? ひとりって不安はないですか?

小室 それはすごくありますね。どこかしっくりこないというか(笑)。普段、ライブの時以外も食事に行ったりとか、一緒にいるんで。

──マネージャーさんによれば、小室さんはもともと寂しがり屋だとか。だからひとりだと不安ってのもあったりして?

小室 「かまちょ」(かまって欲しいキャラ)なところはあるかもしれないです(笑)。新幹線で移動する時とか、相方やマネージャーさんはゲームをやってたりとひとり行動が多いんですけど、私はどっちかっていうと一緒にいて、お話とかしたいんで。

──話ってどんなことを?

小室 いろいろです。まー、そのー、世間話とか(苦笑)。

──ちなみにこの撮影の時は、どうでした?

小室 最終日に自由時間があって、お土産を買いにみんなで出かけたんですけど、すぐにマネージャーさんもスタッフさんもどっか行っちゃって。集合時間まで、お店をウロウロしながらも、ずっとスマホを持って、母と電話で話してました(笑)。お土産にあれ買ってきて、これが欲しいとかすごく言われてたのもあったし。やっぱり寂しかったし......なんて言ってると私がヤバイやつみたいに思われますけど(笑)。

──では今回、写真集を見てファンになった読者に向け、好きな男性のタイプも教えてください!

小室 何かに目標を持って、一所懸命頑張ってる人がいいですね。努力してる姿とか見るといいなって思っちゃいます。

──好きになったらどうなるんですか?

小室 その人しか見えなくなっちゃいます。その時はちょっとダメな人かもしれませんね(笑)。

──では、最後に今後の目標は?

小室 alomとしてもっと活躍するのは大前提として、グラビアやお芝居でもっといろんなお仕事をしていきたいです。グラビアは表紙をやりたいし、お芝居では特に映画やドラマとか出たいです。

──お芝居ではどんな役をやってみたいとかありますか?

小室 う〜ん、愛人役かな。実際はかまってほしいから絶対に無理なので、お仕事の時だけは思い切り大胆になりたいですね。

■小室さやか(KOMURO SAYAKA)
1995年4月19日生まれ 東京都出身
身長156僉。贈牽魁。廝毅掘。硲牽
○ボーカルユニット「alom」のメンバー。また、『妖怪ウォッチ』シリーズ(テレビ東京系)の楽曲を担当するユニット『キング・クリームソーダ.』のボーカルも務める。
公式Twitter【@sayaka_komuro】
公式Instagram【@komuro_sayaka】

取材・文/大野智己 撮影/西條彰仁