フェリックス・ベイモが、母国スウェーデンのマルメFFへと、レンタルで移籍することが、火曜夕方にブレーメン公式にて発表がなされた。昨夏にゲブレ・セラシエの後釜候補として、移籍金300万ユーロで加入した21才。

 しかしながらセラシエがますます盛んである上に、ブンデスへ対応にも苦しみ、さらにDFならば全てでプレー可能なフリードルの存在も含め、出場機会の確保が厳しい状況にあったため、首脳陣としては1年間の期限付きにて武者修行へと出すことを決断した。