マッツ・フメルスが戻ってきた。バイエルンでブンデス3年連続優勝を果たし、2008年から2016年まで過ごしたボルシア・ドルトムントでも2度その美酒を味わっている選手だ。そんな30才のベテランDFは、今夏のドルトムントにおいて目玉の1つの補強ともいえ、特にそのリーダーシップへの期待がかかる。「いいプレーをみせ、そしてチームが苦難に喘ぐ時に責任を負うこと。その期待に応えていきたい」とフメルス。「ただピッチに立てば良いなんて考えはない」とも強調した。

 以前のドルトムントにおいては、リーグ優勝を目標として口にすることはタブー視されてきたが、しかし今はその状況が変わってきており、このことについてはフメルスは好意的に見ている。「勝者としてのメンタリティを持つことは自分にも求めていることでもある。そしてバイエルンを見れば、それが決して悪いことではないと見て取れるだろう。40年にもわたってそれが見られているんだ。これからはドルトムントでもそういった姿勢をもてるようにすること、それが目標であるべきと思うね」

 そして間も無くして57度目となる、ブンデスリーガ開幕戦を迎えることになり、9度目の頂点を目指すドルトムントも加え、優勝争い激化への期待感は高まる。「ドルトムントでタイトルを獲得することは、他よりもより価値のあるものだ。特にこのクラブ、スタジアムなどの雰囲気からも、大きな意欲が湧いてくるというものだよ。乗ってくると、特別に熱狂的に盛り上がる人々がいるしね」と述べ、またハンス=ヨアヒム・ヴァツケ代表とのコンタクトが切れたことがないことも明かした。「3年のバイエルン時代でも、決しておざなりになることはなく、何度もコンタクトはとっていたよ」