東国原英夫

写真拡大

 タレント、東国原英夫(61)が13日、ツイッターを更新。視力・聴力が低下したことで、テレビ番組出演時に影響が出始めていることを明かした。

 東国原は「今日は『アイドック』です。2年振り」と報告。「日に日に視力は落ち、飛蚊症は酷くなり、黄斑変性っぽく、眼瞼下垂っぽい」と不調をきたしてきているといい、テレビ番組の収録時は「MCや共演者の顔やボードの字は大体ぼやけている」と明かした。

 また聴力も落ちてきており、「MCや共演者の発する言葉の7〜8割しか聴こえない」とも告白。「聴こえない部分は、態々聞き返せないので、殆ど『勘』で答えている。時々、相手にキョトンとされる。これは、言い訳であるが、時々、僕が、意味不明なリアクションや突拍子も無い事を言っている時は大体質問や振りが聞こえていない時である(笑)」と打ち明けた。