弘文堂(東京都千代田区)は8月20日、毎日の生活に関わる法律を、小学生にも分かるように解説した「こども六法」を発刊します。

法律をいざという時の味方に

世の中には法律というルールがあり、犯罪行為をすると罰則があります。

法律を知らない子供たちは、いじめや虐待、性的搾取などの犯罪行為を受けても、大人が気が付くまで1人で苦しんでしまいます。

こども六法」は、著者の山崎聡一郎さんが小学生の時にいじめられた経験をきっかけに執筆しました。

出典:株式会社弘文堂プレスリリース

中学時代に六法全書を目にした山崎さんは、法律という“強い味方”がいることを知り、衝撃を受けたそうです。

本書は法学者や弁護士の監修の下、すべての漢字にルビを振ったりイラストで説明したりなど、子供から大人まで理解できるように法律を解説しています。

出典:株式会社弘文堂プレスリリース

出典:株式会社弘文堂プレスリリース

子供たち自身は「守られる権利」があることを知り、大人は子供たちからのヘルプに適切に向き合い、問題解決できることを目指しています。

法律の知識を知っておくために、親子で読みたい1冊です。

定価は1200円(税抜)で、Amazon・楽天ブックスなど各オンライン書店をはじめ、全国の書店で購入できます。