元NGT48・山口真帆

写真拡大

 アイドルグループ・NGT48を運営するAKSが、元メンバー・山口真帆への暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人に、3000万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が先月10日、新潟地裁で開かれた。

 注目度の高い裁判とあって、47枚の傍聴券に対し、約150人が集まり、倍率は約3.2倍に。新潟地裁は初めて公式ホームページにも抽選結果を発表したほどだった。

 「メディアのみならず、多くのファンも並んだようだが、山口が出廷するのを期待して。今後も、口頭弁論のたびに多くのファンが並ぶことになりそうだ」(ワイドショー関係者)

 そんなファンたちの期待をよそに、山口のみならず、被告側が誰も出廷せずに3分ほどで閉廷。終了後、AKS側の代理人が取材に応じ、元メンバーの山口を含むNGT48現役メンバーが証人として出廷する可能性について、今後の裁判の進行次第とした上で、「可能性としてはあると思います」としたというのだが…。

 「山口がまだAKSに所属しているのならば、出廷の可能性もあったかもしれないが、すでに大手芸能プロ・研音に移籍してしまった。研音からしたら、わざわざ裁判所に山口を出廷させて辛い目に遭わせるようなことをするとは思えない。せいぜい、書面で意見を提出するぐらいでは」(司法担当記者)

 被告側は「請求棄却を求める。追って認否する」との答弁書を提出。争う姿勢を示し、次回は、9月20日に進行協議が行われる予定だ。

 「被告側は敗訴したとしても支払能力があるとは思えないので、逆に強気なのでは。AKSは裁判費用を無駄遣いしたあげく、世間を納得させられることができない結果になってしまうのでは」(同)

 双方が折れない限り、裁判は長期化しそうだ。