ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 厳しい暑さが続いていますが、今週も札幌、新潟、小倉の各会場で夏競馬が開催されます。新潟の競馬を見ていると、テレビ画面を通しても陽炎が揺らめいていて、相当な酷暑なのだろうな、と心配になってしまいます。人馬ともに体調を崩すことのないよう、願っています。

 そうは言っても、夏競馬はここからさらに盛り上がっていきます。来週には、夏競馬最大のレースであるGII札幌記念(8月18日/札幌・芝2000m)が控えていますし、その先には来年のクラシックを占う2歳重賞が各会場で行なわれます。僕も、夏バテなどしてはいられません。

 さて、新潟開催3週目に行なわれる重賞は、GIII関屋記念(8月11日/新潟・芝1600m)。先月行なわれたGIII中京記念(7月12日/中京・芝1600m)に続く、サマーマイルシリーズの第2戦です。

 昨年は、プリモシーンが3歳馬として22年ぶりの勝利を収めました。同馬は、今年に入ってGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で2着に好走するなど、しっかりと活躍し続けています。3歳夏に、古馬相手に重賞を勝ったことは伊達ではありませんでしたね。

 そのプリモシーンは、中京記念に出走して3着でした。勝ったのは、3歳馬のグルーヴィット。2着も同じく3歳馬のクリノガウディーでした。僕が現役だった頃と比べて、3歳馬が早い時期から古馬と互角以上に渡り合えるようになっている感じがします。

 そして今年も、3歳が1頭、関屋記念に出走します。ケイデンスコール(牡3歳)です。前走のGI NHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)で2着と好走した実績に加えて、中京記念で3歳馬がワンツーフィニッシュを決めたことで、人気を集める存在になることは間違いないでしょう。

 しかし僕は、今回のケイデンスコールに関しては、あまり高く評価はしていません。というのも、NHKマイルCに関しては、鞍上が本当にうまく乗っていて「よくあそこまで持ってこられたな」と思いましたし、展開なども含めて、すべてがうまくいった結果だと思うからです。

 実績のある新潟コースに替わるという強調材料もあって、あまり無下に扱うのもどうかと思っていますが、能力的に見て、古馬との初対戦で通用するかどうかは微妙なところ。この馬が人気になるのなら、他の馬からのほうが馬券的にも旨味があって、チャンスがあるような気がします。

 そこで、今年の関屋記念では、夏競馬らしく勢いのある”上がり馬”に注目しています。

 まずは、出走馬で唯一連勝中の身にあるオールフォーラヴ(牝4歳)。今回のレースで、3連勝まで期待していい能力と勢いを感じています。

 準オープンの錦S(5月12日/京都・芝1600m)、リステッド競走のオープン特別・米子S(6月16日/阪神・芝1600m)と連勝してきたオールフォーラヴ。僕がとりわけ評価しているのは、錦Sを勝った内容です。

 1分31秒6という勝ち時計は重賞でも十分に通用するものですし、以前と違って、馬群の外から速い上がりを繰り出して差し切った点に成長の跡を感じました。新潟と同じく最後の直線が平坦な京都で、こういったパフォーマンスを見せたことが、より好印象として残っています。

 もう1頭、ソーグリッタリング(牡5歳)にも注目しています。前走のGIIIエプソムC(6月9日/東京・芝1800m)で3着に終わって連勝は止まってしまいましたが、今年に入ってからの成長ぶりには一目置いています。

 エプソムCは雨とスローペースの影響で、明らかに先行有利の競馬になりました。それでもソーグリッタリングは、1、2着馬よりも一列後ろのポジションから、最後までしっかり伸びてきて3着。負けて強しの内容でした。

 このレースの前には、リステッド競走のオープン特別2戦を連勝。明け5歳を迎えて、本格化したのは明らかです。また、この夏は小倉を主戦場とする浜中俊騎手が、この馬のために新潟まで遠征してくることも、食指が動かされる材料となりますね。

 その他、人気になりそうなのは、エプソムC2着のサラキア(牝4歳)や、昨秋のGIマイルCS(京都・芝1600m)で5着と奮闘したミッキーグローリー(牡6歳)あたりでしょうか。

 ただ、サラキアは先に触れたとおり、エプソムCでは前有利の流れに助けられた部分があります。ハナを切るという判断も含めて、鞍上がうまく乗った結果、という印象も強いです。はたして、今回はどうか……。

 ミッキーグローリーも、クリストフ・ルメール騎手が主戦場の札幌から遠征してくるとあって一定の評価は必要ですが、今回は何度か出走予定が白紙になっての長期休養明け。その点を考慮すると、有力な1頭ではありますが、付け入る隙があるのではないかと見ています。

 こうしてみると、人気の各馬には一長一短あって、絶対的な存在は見当たりません。つまり、今年の関屋記念は波乱が起きても不思議ではありません。

 ということで、前走のGIII七夕賞(11着。7月7日/福島・芝2000m)で1番人気を裏切って評価が急落しそうなロシュフォール(牡4歳)を、今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。


関屋記念での巻き返しが期待されるロシュフォール

 もともと馬場がキレイで広いコースの東京、新潟などで実績を残してきた馬。道悪の福島コースでまったく動けなかったことは、致し方ありません。

 前々走のGIII新潟大賞典(4月29日/新潟・芝2000m)では、現在重賞3連勝中のメールドグラースや、七夕賞の覇者ミッキースワローと差のない競馬をしていました。今回、再び得意な新潟に舞台が戻って、前走からの巻き返しは十分にあるでしょう。

 これまで、芝の2000戦を中心に使ってきたことを考えれば、同じ新潟の重賞ならGIII新潟記念(9月1日/新潟・芝2000m)に向かうと思っていましたが、どうやら七夕賞後の反動が少なくて、元気が有り余っているようです。そのため、調子がいいうちに、早めに使ったほうがいいという判断になったみたいですね。

 そして、今回は田辺裕信騎手とコンビを組みます。目下、重賞では騎乗機会4連勝と絶好調です。

 先週のレパードSではハヤヤッコ、代打騎乗のアイビスサマーダッシュではライオンボスと、ともに見事な騎乗でした。今年の夏競馬における田辺騎手は、”ここ一番”での集中力に長けているように感じます。 ロシュフォールくらい力のある馬に乗れば、またあっさりと勝利を飾ってもおかしくありません。