上岡龍太郎が芸能界を引退していなかったら、今頃どんな行動に出ていたのだろうか(写真は吉本興業東京本社)

写真拡大

 1987年春に始まって、98年春に放送終了した「鶴瓶上岡パペポTV」(読売テレビ)。笑福亭鶴瓶と2000年4月に芸能界を引退する上岡龍太郎が2人でトークをする55分の番組だ。

 ことに上岡の歯に衣着せぬ物言いが人気で、深夜にもかかわらず、彼の毒舌に思わず快哉を叫んだ視聴者も少なくなかった。その中には、上岡がひとりで御説ごもっともな「反社と芸人」論を展開する回がある。

「芸人ちゅうんはなんや言うたら、落ちこぼれ人間ですよ。社会のはみ出しもん。アウトロー。いわば暴力団と一緒ですから。我々とヤクザは一緒。そやからあの、芸人とヤクザが癒着したらいかん言うけどウソ、あんなもん。根が一緒やから癒着もなにも、もともと同じタイプの人間やからね」

上岡龍太郎が芸能界を引退していなかったら、今頃どんな行動に出ていたのだろうか(写真は吉本興業東京本社)

 今となってはテレビから駆逐されて久しい紫煙をくゆらせながら、上岡はこんな風に続ける。

「できるだけ楽したい、ね。みんなと一緒のことはしたくない。そや言うて、ちやほやして欲しい、お金はようけ貰いたい。ほとんどこういう考えの人間が芸人とヤクザになるんですね。ただ、向こうは腕が達者でこっちは口が達者やったいうだけでね。(中略)我々芸人の言うこと聞いて、“へえ”とか“なるほどなあ”とか、そういうことを一般の人は言う必要ないんですね。“ふん、バカが”と、こう思うてりゃええ」

 もっとも、不寛容化する世の中が芸人に良識を求める不合理の存在も指摘している。

「だけどこのごろあの、我々でもテレビなんかで(ものを)言うと、“そうだ、まったくその通りだ”“やあ、いいことを言う”とかね。どうも、世の中がね。たとえば政治家、宗教家、教育者、実業家。こういう人らがきちっとしてれば我々苦労することなかった。我々は好きなように、相変わらず酒飲んで女抱いて博打して過ごせたのに、あいつらが総崩れやからね。あの責任が全部こっちきてしもてん。で、テレビ出る芸人は、芸人といえども一般人としての良識を持て。良識があったら芸人になってないちゅうんやけどね」

 大阪のおばちゃんはしばしばこう口にする。「アホなことばかり言うてると吉本入(い)れるで」と。色んな解釈が可能だが、ワルや不良の受け皿として吉本が機能していたことも意味している。今般喧しいように、吉本に良識を求めるなら、ワルや不良の居場所がなくなるじゃないか――。上岡の問わず語りと通底している。

 上岡を直撃すると、

「申し訳ないけどそういう取材にお答えすることはありません。もう私は一般人ですから」

 とだけ話した。往時と変わらぬ黒縁眼鏡に白髪のオールバック、口ぶり。ならば、その“正論”も不変だろうか。

「週刊新潮」2019年8月8日号 掲載