最終日に少しでも上にいきたいと話す日本女子アマチャンピオンの西郷真央(撮影:ALBA)

写真拡大

8月9日に開幕した「緑の甲子園(ゴルフパートナー presents 令和元年度 全国高等学校ゴルフ選手権大会・全国中学校ゴルフ選手権大会)」高校女子個人の部(セントラルGC西C・茨城県)。注目の一人は7月の日本女子アマチュアゴルフ選手権で優勝を飾った西郷真央(千葉県・麗澤高校3年)だが、1アンダー・28位タイとまずまずのスタートを切った。

「前半が35、後半が36。前半はショットの調子がよかったのですが、ボールがディボット跡にあったり、1メートルのパットがピンにはじかれたりと、ちょっとツキもなかったですね。そのうちにショットの調子も少しおかしくなってしまいました」
とはいえスコアを作れないうちにズルズルと崩れるのではなく、耐えて1アンダーにまとめたあたり、日本女子アマチャンピオンの風格も出てきた。
「確かに、女子アマ以降は声をかけられることも多いし、自信がついてきました。周りからの期待も大きくなるけれど、プロの皆さんはそういったプレッシャーを乗り越えている。上との差は開いているけれど、必ず明日は全力のプレーをして、一つでも上の順位にいきます」
最終ホールのバーディは明日につながります! と笑顔で最終日となる10日(土)の活躍を誓った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「緑の甲子園」女子高校個人の部初日成績
「緑の甲子園」男子高校個人の部初日成績
「緑の甲子園」女子高校個人の部最終日組み合わせ
「緑の甲子園」男子中学個人の部初日成績
「緑の甲子園」女子中学個人の部初日成績