Samsungは、最新フラッグシップ機「Galaxy Note10」を発表したばかりですが、ほぼ同じタイミングでiPhoneをディスった2年前のコマーシャル動画を削除しました。最新機からイヤホンジャックが消失したのが原因ではないかとBusiness Insiderが推測しています。

Samsungデバイスも不格好なドングルが必要に?

SamsungがAppleをディスった2年前の広告動画は、iPhoneに欠けている機能をSamsungデバイスは装備していることをコミカルに表現した内容となっています。
 
コマーシャル動画の中で、イヤホンジャックがないiPhoneモデルにドングルを取り付けて音楽を聴くシーンがありますが、Galaxy Note10でイヤホンジャックが消失した今、Samsungにとってこれはもはや冗談になりません。
 
そのためか、Samsungが2年前のAppleをディスる動画をメインのYouTubeチャンネルから削除したことが明らかになりました。
 
SamsungマレーシアのYouTubeチャンネルにはまだ動画が残されていました。「成長(Growing Up)」というタイトルのコマーシャルです。
 

 
 
Source:Business Insider
(lexi)