小笠原諸島の南海上を北上中の10号は、迷走しながらお盆休みの13日から14日にかけて日本列島を直撃しそうだ。気象予報士の河波貴大によると、太平洋高気圧が衰え、日本列島から離れると予想されるため、「方向を見失った10号はノロノロと迷走しながら、西日本から東日本に接近し上陸する恐れが高まっています」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「この間、石原良純さん(気象予報士)は2日後のことは分からないと話していた。河波くんはノロノロ迷走と言ってるけどねえ・・・」

司会の羽鳥慎一「良純さんはね、特殊な気象予報士で、最終的には気象庁に聞けと言いますから」