遊んで楽しい、食べて涼しいという「人気のおすすめ冷え冷えスポット」を紹介した。東京・八王子市の京王堀之内駅近くの室内遊園地「東京あそびマーレ」は、氷を砕いて作った人工雪のスノータウンを1年中体感できる。猛暑日のきのう8日(2019年8月)でも、ここの室温は18度、人工雪の中は0・6度だった。そり滑りや雪いじりに家族連れが大はしゃぎしていた。

 

横浜高島屋は全国28店から160種のひんやりスイーツを集めたイベント「アイスワンダーランド」を開催中だ。インスタ映えするソフトクリームやユニークなかき氷を自分で作ることができるという。

大阪USJは雪と氷と風をふりまくミニオン

 

東京・麻布十番の老舗美容室では、クールシャンプーをさらに凍らせた「氷冷やしシャンプー」を10年前からやっている。森田清孝リポーターが測るとマイナス4・7度。「スーッとして気持ちいいです。心もリフレッシュできます」

 

大阪のUSJには雪と氷と風をふりまくミニオンのファッションショーが登場した。

 

司会の国分太一「なんとか涼みたい。そこにビジネスがあるんですね」