夏の北海道開催唯一のダート重賞、GIIIエルムS(札幌・ダート1700m)が8月11日に行なわれる。

 同レースにおいて、1番人気は2勝、2着1回、3着4回。2番人気が4勝、3番人気が2勝と、上位人気が常に馬券に絡んで、比較的手堅いレースという印象がある。それでも、3連単の配当が5万円以上の年が5度もあって、十分に好配当が見込めるレースでもある。

 そうした好配当が生まれる要因は、秋を見据えてここを始動戦とする一線級と、夏のローカル開催で力をつけてきた、いわゆる”上がり馬”がここで初めて激突。その力関係における、評価の難しさがあるからだろう。

 また、上がり馬の中でも、同じ北海道で行なわれてきた大沼S(函館・ダート1700m)、マリーンS(函館・ダート1700m)といった、2つのオープン特別を勝ってきた馬の、取り捨ての難しさもある。いずれも直近のレースで、そこを勝ってきた勢いからして、それらはつい手を出したくなる存在だが、過去にしばしば人気を裏切っているのだ。

 そして今年も、大沼S(6月22日)、マリーンS(7月7日)と連勝を飾って、ここに臨む馬がいる。リアンヴェリテ(牡5歳)である。無論、同馬は上位人気を争う存在になるだろうが、日刊スポーツの松田直樹記者は過去の傾向を鑑みて、懐疑的な目を向ける。

「函館6週間、札幌6週間の計12週間の開催期間中、オープン以上のダート1700m戦は、大沼S、マリーンS、エルムSの3競走だけ。これら3レースを総称して、自分は勝手に『北海道ダート三冠競走』と名付けています。そして毎年、北海道に滞在して調整を重ねてきた馬が、この”三冠”に挑戦しています。

 しかし、いまだにすべてのレースを勝った馬はいません。その点を考慮すると、今年”三冠達成”に挑むリアンヴェリテも絶対視はできません。

 大沼S、マリーンSの過去2戦では、他馬を寄せ付けない強気の逃げ切り勝ち。他馬に包まれたり、揉(も)まれたりすると脆い面もありますが、自分の形であれば、多少強引な形であっても、しぶとさを発揮できます。おそらく今回も同じ戦法でくるでしょう。

 しかし、今回のメンバーの大半は、今夏初顔合わせとなる馬ばかり。すんなりと逃げに持ち込めないことも想定できます。これまでも、砂をかぶると嫌気を差す場面を何度か見せていて、同型の出方次第では思うような競馬をさせてもらえない可能性もあり、同馬への信頼は余計に薄れます」

 さらに、函館と札幌の微妙なコース形態の違いも、リアンヴェリテへの不安を膨らませると、松田記者は言う。

「函館、札幌はともに小回りで、最後の直線の距離もほぼ同じ。しかしながら、コーナーの緩急に差があります。函館はカーブの半径が小さくて、遠心力が大きいため、前々を進む馬たちに有利な、まさに”先行天国”。一方、札幌は函館よりもコーナーが緩く、3コーナーから4コーナーにかけての加速が殺されにくい特徴があります。そのため、函館よりも札幌のほうが、差し、まくりが決まりやすいと言えるでしょう」

 松田記者はこうしたことを踏まえて、大沼S4着、マリーンS2着だったモズアトラクション(牡5歳)の巻き返しを第一に狙う。

「前2走とも、最後の上がり3ハロンはメンバー最速を記録。その末脚がハマれば、逆転できる力を持っています。今回は、展開の恩恵がありそうなうえ、先にも触れたように、”差しが利く”コース替わりもプラスに働くと思います。

 ただ、同馬は『穴馬』というほどの存在ではないので、より高配当を狙うなら、タイムフライヤー(牡4歳)がオススメ。ここは初ダートとなりますが、未知の魅力に期待しています」


2歳時にはGIホープフルSを制しているタイムフライヤー

 タイムフライヤーは、2歳時にGIホープフルS(中山・芝2000m)を勝って、クラシックを含めて将来を嘱望されていたが、GI皐月賞(10着。中山・芝2000m)、GI日本ダービー(11着。東京・芝2400m)ともに惨敗。GI菊花賞(京都・芝3000m)も6着に終わって、3歳時以降はここまで7戦して未勝利に終わっている。

「それでも……」と、松田記者は同馬の復活劇に期待を寄せる。

「2走前のGIII中山金杯(1月5日/中山・芝2000m)では、のちに香港でGI勝ちを果たす1着ウインブライトに、コンマ2秒差の5着と健闘しています。また、タイムフライヤーが所属する松田国英厩舎と言えば、2011年のダービー3着など芝でも活躍したベルシャザールをダート路線に転向させ、2013年のGIジャパンカップダート(阪神・ダート1800m)制覇へと導いた実績があります。

 そもそもタイムフライヤーの叔父には、ダートGI5勝のタイムパラドックスがいます。JRAで勝ち上がった兄姉3頭の勝ち鞍も、すべてダート戦。路線変更での同馬の復活があっても不思議ではありません」

 タイムフライヤーについては、デイリースポーツの大西修平記者も注目する。

「3歳時にクラシックを戦い抜き、6着だった菊花賞では一線級とも差のない脚力を見せてきました。能力の高さは疑いようがありません。血統的にもダートの適性は高そうです」

 今回のレースは、前走のGII京都記念(8着。2月10日/京都・芝2200m)から、およそ半年ぶりの実戦となる。その点についても「不安はない」と大西記者は言う。

「脚もとに不安が出たため、前走から間隔が空きましたが、復帰に向けて慎重に立ち上げて、追分ファームのリリーバレーでじっくり乗り込んでから、7月中旬に函館入り。そこからも調整を重ねてきたことで、動ける体に仕上がっています。

 加えて、以前よりもトモがしっかりしてきたことで、走りにブレや無駄がなくなってきました。初ダートという未知の魅力にかける価値は、大いにあると思いますよ」

 実は、大西記者にはタイムフライヤー以上に推す馬がいる。テーオーエナジー(牡4歳)だ。

「近2走がふた桁着順と不振でしたが、ひと息入れてリフレッシュしたことが功を奏しました。およそ4カ月ぶりのレースとなりますが、中間の攻め気配はいい頃とそん色なく、力を出せる態勢は整っていると見ています。(北海道の)涼しい気候が合うのか、陣営によれば『カイ食いも問題がない』とのことで、しっかりと調整できているのは大きいでしょう」

 テーオーエナジーは3歳時、小回りの園田競馬場で地方交流重賞を制した実績がある。

「中央競馬のダート1700m戦は今回が初めてになりますが、持ち味の先行力で対応は可能だと思います。特徴を知る岩田康誠騎手とのコンビも心強く、一変のチャンスは十分にあるはずです」 猛烈な酷暑が続くなか、気持ちよくお盆休みを過ごすためにも、ここでオイシイ配当をゲットしたいところ。その手助けをしてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。