メルカリの純損失が137億円に メルペイや米国事業への投資費用が膨らむ

ざっくり言うと

  • フリマアプリ大手のメルカリが、2019年6月期の連結決算を8日に発表した
  • 純損失が137億円となり、2013年の創業以来7期連続の赤字
  • 2月に参入した決済サービス「メルペイ」や米国事業への投資費用が膨らんだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング