先日この行われたウディネーゼとのテストマッチにおいて、ライブストリームの解説の中で不適切な発言を行い、批判を受けていたノルベルト・ディッケル氏と、パトリック・オヴォモイェラ氏。火曜日にボルシア・ドルトムントは、両名共に考えるための猶予として休養へ、また中継への出演もしばらく控える判断を下したことを明らかにした。

 試合中にイタリア人を蔑む「イタカー」と呼んだり、アドルフ・ヒトラーのパロディを放送中に行っており、発言やトーンが「不快感を与えるものであった」ことを、ドルトムントが月曜日に声明で発表。その後、両氏ともに後悔を感じ「自分自身に対しても深く失望」しており、決してこのようなことは起こさないことを誓ったとも伝えている。