愛知県内で開催中の国際芸術祭で、「慰安婦」を象徴する「平和の少女像」が展示されていた企画展が中止された問題で、実行委員会会長を務める大村秀章知事は5日の記者会見で、河村たかし名古屋市長が企画展の中止を求めたことに関し、「公権力を行使する人が『これはいい、これは悪い』というのは検閲行為。憲法違反の疑いが濃厚だ」と批判しました。

 大村知事は河村市長から届いた文書には「表現の不自由という領域ではなく、許されない。行政の立場を超えた展示が行われている」と書かれていたことを紹介。「憲法21条は、いっさいの表現の自由を保障している。検閲してはならないとしている」「税金でやるからこういうことをやっちゃいけない、範囲が限られるんだというのは逆。行政、国、県、市、公権力を持ったところだからこそ表現の自由は保障されなければならない。税金でやるからこそ21条はきっちりと守られなければならない」と強調しました。