悲願の初優勝を飾った奈良岡功大【写真:平野貴也】

写真拡大

男子シングルスは過去2年連続準優勝の奈良岡が悲願叶える

 全国高校総体のバドミントン競技は、5日に八代トヨオカ地建アリーナで最終日を行い、個人対抗男子シングルス決勝は、奈良岡功大(浪岡/青森)が2-0で野田統馬(八代東/熊本)を破り、悲願の初優勝を飾った。奈良岡は、1年次、2年次ともに準優勝。昨年の世界ジュニア選手権で銀メダル、ユースオリンピックで銅メダルと国際大会で優秀な成績を挙げながらも取り切れずにいた高校最高峰のタイトルをラストチャンスで手にした。

 奈良岡は「ずっとモヤモヤしていた。国際大会を勝っても、インターハイを取っていないし。インターハイは技術じゃなくて気持ちとか身体。頑張った者勝ち。今日は気持ちで頑張った。3回目で優勝できたので、嬉しかった。インターハイは、高校選抜大会よりきつい。相手が諦めてくれない」とタフな大会を3度目の正直で勝ち抜いた喜びを表現した。

 この日は、まず男子ダブルスの準決勝に出場。武藤映樹とのペアでファイナルゲームまで戦ったが、中島巧、杉本一樹(瓊浦/長崎)に1-2で敗れた。シングルスは、地元の熊本勢と連戦。準決勝では池端元哉(熊本学園大附/熊本)にストレートで勝利した。

 決勝では、大声援を受ける野田と対戦。ネット前に落とす球からクロスネットで揺さぶり、空いたスペースへ強打を打ち込むなど第1ゲームを21-18で先取。第2ゲームは、野田がネット前への球を予測して飛び込みプッシュなどで対応。奈良岡は、19-19で追いつかれたが「きつい場面で使えると思って、取っておいた。甘いヘアピンを打てば、必ずヘアピンを返して来るから狙おうと思っていた」という飛び込みプッシュで20点目。最後は、後方からの強打で21点目を奪い切った。強打が決まった瞬間、飛び上がりながらラケットを離し、しゃがみ込むように両手でガッツポーズ。コーチ席に座っていた父、奈良岡浩監督に歩み寄り、堅い握手を交わした。

父の奈良岡監督も称賛「よく勝ち切った」

 幼少期から指導をしてきた奈良岡監督は「思うように相手を動かすことができずにペースを乱しているところもあったが、よく勝ち切った。3年間で力強くなったことは、間違いない」と息子の成長を認め、勝利を称えた。

 次戦は、13日に開幕する国際大会「ヨネックス秋田マスターズ2019」(BWFツアースーパー100)となる見込みだ。1回戦でイングランドの選手と対戦。勝てば、日本A代表の坂井一将(金沢学院クラブ)と対戦する。その先には、世界ジュニア選手権や全日本総合選手権など、大きな舞台も待っている。

 奈良岡は、今後について「国際大会で1つでも多く勝って、1つでも多く優勝したいというのが、一番の目標。(国内の)全日本総合選手権は、まだ勝っていない。なかなか勝ちにくい大会。練習で体を鍛えて、勢いに負けないような体、気持ちを作っていきたい」と意気込みを語った。取れそうで取れなかった悲願のタイトルを手にし、高校の大会に思い残すことなく、次の目標へ向かっていく。

◇インターハイのバドミントンは1日から行われ、5日で熱戦が終了。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。(平野 貴也 / Takaya Hirano)