京都アニメーション放火事件 生死は出火から約30秒で決まった可能性

ざっくり言うと

  • 京都アニメーション放火事件の数値シミュレーションを京大防災研が実施
  • 出火からわずか数十秒で、煙が建物内に拡散したとみられることが分かった
  • 建物内にいた人の生死は約30秒で決まった可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング